医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

【取材】久留米大学 医学部医学科 推薦入試について②

Twitter Facebook Google+ LINE

平成29年度の医学部推薦入試は11月12日の岩手医科大学、獨協医科大学、金沢医科大学、川崎医科大学から始まり、12月7日の産業医科大学まで続きます。

推薦入試は出願資格として評定平均値や卒業年度の制限があることから、一般入試よりも倍率が低く、また、学力以外に人物評価や小論文などが重視されることから、現役生にとって医学部に入る大きなチャンスです。

しかし、その一方で、入試問題や配点が公表されない大学が多く、また、問題の傾向が各大学で相当異なっているため、対策が取りにくいという問題があります。

学力検査の問題が、高校の教科の枠を超えた範囲から出題されたり、小論文・面接試験が独特で、大学ごとの対策が必要であったりと、一般入試にはない難しさがあります。

久留米大学医学部の推薦入試について、富士学院 福岡校 伊藤 和弘 校舎長にお話を伺いました。

――

今回は、久留米大学医学部医学科推薦入試の出題傾向について伺いたいと思います。まず、試験のスケジュールについて教えてください。

伊藤:

久留米大学の推薦入試は、基礎学力テストⅠ・Ⅱとして英語と数学の筆記試験がそれぞれ60分で行われ、その後に小論文が実施されます。お昼の休憩を挟んだ後に、午後から順次、面接試験となります。

――

基礎学力テストは適性検査のようなものではなく、一般入学試験と同じような学科試験ですね。

伊藤:

そうです。基礎学力テストⅠは英語の試験で、すべてマークシート方式です。一般入試レベルの難度であり、形式も似てきており、正誤問題・語句整序で難問が含まれることがあるのも久留米大学の特徴です。

基礎学力テストⅡは数学の試験で、一般入試の「答だけ書き込む穴埋め式」と違い、全て記述式となります。範囲も数Ⅰ・A・Ⅱ・B(数列・ベクトル)で、一般入試とは異なります。試験時間に対し問題量が多く、60分をフルに使った試験となりますから、答案作成にかける時間を減らすための準備が必要です。

――

数学Ⅲが範囲に入らないのですね。記述式というと、部分点があると思いますが、これは合否にかなりの影響を与えるのでしょうか。

伊藤:

もちろんです。一般入試でもそうですが、ボーダー上の受験生にとって1点は合否を左右するものになります。また、特に推薦入試の場合は学年や評定平均値の条件を備えた受験生同士の力が拮抗した戦いです。部分点を取れる・取れないは合否を分けるポイントになります。

――

次に、小論文について教えていただけますか。

伊藤:

英語・数学と同じく小論文も60分で行われ、縦書きの原稿用紙に記入となります。出題方式は、「テーマ型」で、当日のテーマは試験開始時に黒板に書かれます。

800文字を書き上げるには、様々な知識も必要となりますが、条件となる字数はきっちり記入するようにして下さい。オーバーしてもいけません。

筆圧のない文字、読めない文字や誤字脱字、脈絡のない文章、まとまらない論旨は減点材料となります。

――

論旨を一貫させて800字を書くためにはかなりのトレーニングが必要になりそうですね。

伊藤:

そうですね。受験生の表現力がしっかりみられます。やはり日頃から、医学的な記事・報道の情報に接しておくことと、自分の考えをまとめる意識や訓練を行うこと、そして、その考えを文章に書ける練習は必要だと思います。

――

最後に、面接試験について教えてください。

伊藤:

面接の形式は個人面接(面接官2~3名/受験生1名)で、約10分間行われます。面接では、2~3名の面接官がそれぞれ質問してくる形が多く、受験生の資料にも目を通しながら質問してきます。

面接試験の前に行われている小論文の内容についても質問される場合もありますから、意識しておいて下さい。

面接試験では、将来、患者に対してきちんと会話できるコミュニケーションがとれる人材か否かが、一つの判断基準となっています。また、当然の事ですが、久留米大学志望理由・医師志望理由は明確に面接官に伝えられるように準備してください。久留米大学の面接試験は、言葉が詰まったときに助け舟を出してくれるような場合もある反面、諦め感などがある受験生は、はじかれる可能性がある面接試験です。

――

ありがとうございました。

【取材協力】:医学部受験 富士学院

【PR】:医学部受験 富士学院福岡校では10月30日(日)、11月6日(日)に久留米大学 推薦入試対策講座福岡大学 推薦入試対策講座を行います。

伊藤 和弘
医学部受験富士学院 福岡校校舎長
伊藤 和弘
Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中