医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

【取材】愛知医科大学 医学部医学科 推薦入試について①

Twitter Facebook Google+ LINE

平成29年度の医学部推薦入試は11月12日の岩手医科大学、獨協医科大学、金沢医科大学、川崎医科大学から始まり、12月7日の産業医科大学まで続きます。

推薦入試は出願資格として評定平均値や卒業年度の制限があることから、一般入試よりも倍率が低く、また、学力以外に人物評価や小論文などが重視されることから、現役生にとって医学部に入る大きなチャンスです。

しかし、その一方で、入試問題や配点が公表されない大学が多く、また、問題の傾向が各大学で相当異なっているため、対策が取りにくいという問題があります。

学力検査の問題が、高校の教科の枠を超えた範囲から出題されたり、小論文・面接試験が独特で、大学ごとの対策が必要であったりと、一般入試にはない難しさがあります。

愛知医科大学医学部医学科の推薦入試について、富士学院 名古屋校 玉置 昌久 校舎長にお話を伺いました。

――

よろしくお願いいたします。まず、愛知医科大学医学部医学科の推薦入試の制度について教えてください。

玉置:

愛知医科大学の推薦入試は、昨年度まで募集枠が公募制推薦入試の1枠しかありませんでしたが、今年度から3枠になりました。

1つ目は「公募制推薦」です。これは従来から行われている一般的な推薦入試で、高等学校長の推薦を受け、かつ合格した場合は入学を確約できる人(専願)が出願可能です。募集定員は約25名です。2つ目は「愛知県地域特別枠A方式」です。こちらは今年度新設された募集枠です。昨年度まではセンター試験を利用した方式で地域特別枠が行われていましたが、今年度からその地域特別枠がA方式とB方式に分かれました。B方式は昨年度までと同様にセンター試験を利用した形で行われ、A方式は「公募制推薦」と同様に高等学校長の推薦を受けないと出願できない形となりました。募集定員は約5名です。

3つ目は「国際バカロレア枠」です。こちらも今年度新たに設けられた募集枠で、国際バカロレア資格を取得した人またはする予定の人を対象に自己推薦という形で募集が行われます。募集定員は若干名で公募制推薦の約25名の中に含まれます。

――

愛知県地域特別枠ですが、出願には出身地域の制限などはあるのでしょうか。

玉置:

ありません。「公募制推薦」「愛知県地域特別枠A方式」「国際バカロレア枠」のすべてで全国からの出願が可能です。但し「愛知県地域特別枠A方式」は愛知県の医師修学資金を受給し、医師免許取得後、愛知医科大学で臨床研修と後期研修で5年間勤務し、その後愛知県が指定する公的医療機関で5年間地域医療に従事することが条件となります(後期研修を省略して、その分、義務年限を早く終えることも可能です)。

――

出願において、学年や評定平均値の制限はありますか。

玉置:

「公募制推薦」と「愛知県地域特別枠A方式」は高等学校長が推薦する現役生又は1浪生の専願者で、全体の評定平均値が3.7以上かつ数学、理科、外国語についてもそれぞれ3.7以上が必要です。その他高校における履修条件などもあります。

――

入試日程を教えてください。

玉置:

平成29年度入試の日程は次のようになっています。

  • 出願期間:平成28年11月1日(火)~11月11日(金)消印有効
  • :平成28年11月19日(土)
  • 合格発表:平成28年11月24日(木)

大学に確認した日程ですが、念のため、大学ホームページ等でご確認ください。

――

愛知医科大学推薦入試の倍率について伺います。昨年度の公募制推薦入試は3.3倍、一昨年は4.0倍で平成25年度に一度だけ6.1倍となったことを除くと、倍率はほぼ横ばいになっています。一方、受験者数は平成24年度の50人程度から平成27年度に100人まで増加するなど、実質的な人気は高まっているように思います。平成29年度の推薦入試の倍率はどのようになると予想されますか。

玉置:

昨年度まで「公募制推薦」では現役生のみが出願可能でしたが、今年度から1浪生まで出願可能となりました。今までは一言でいうと現役生にとって大きなチャンスであった入試でしたが、今年度から1浪生まで出願が可能となるため志願者数は増加することが見込まれます。但し評定平均値の条件があるため、昨年までと比べて、そこまでの大幅な志願者の増加はないものと考えております。

――

ありがとうございます。ところで、国際バカロレア資格というのは、耳慣れない人も多いように思いますが、どのような資格でしょうか。

玉置:

国際バカロレアというのはスイス・ジュネーブにある非営利団体で、国際バカロレア資格とは、この団体が作った国際的な認証カリキュラムです。もともと、海外派遣された外交官などの子弟が母国での大学進学をする際の入学資格の認証制度として生まれました。現在は、グローバルな人材を育成するプログラムとして、年齢に応じたカリキュラムが作成されており、3歳~12歳を対象とするPYP、11歳~16歳を対象とするMYP、16歳~19歳を対象とするDP(ディプロマプログラム)があります。日本では28校(出展:文部科学省HP)がDPの資格を提供しています。

――

ありがとうございました。

玉置 昌久
医学部受験富士学院 名古屋校校舎長
玉置 昌久
Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中