医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

【取材】藤田保健衛生大学 医学部医学科 推薦入試について①

Twitter Facebook Google+ LINE

平成29年度の医学部推薦入試は11月12日の岩手医科大学、獨協医科大学、金沢医科大学、川崎医科大学から始まり、12月7日の産業医科大学まで続きます。

推薦入試は出願資格として評定平均値や卒業年度の制限があることから、一般入試よりも倍率が低く、また、学力以外に人物評価や小論文などが重視されることから、現役生にとって医学部に入る大きなチャンスです。

しかし、その一方で、入試問題や配点が公表されない大学が多く、また、問題の傾向が各大学で相当異なっているため、対策が取りにくいという問題があります。

学力検査の問題が、高校の教科の枠を超えた範囲から出題されたり、小論文・面接試験が独特で、大学ごとの対策が必要であったりと、一般入試にはない難しさがあります。

藤田保健衛生大学医学部医学科の推薦入試について、富士学院 名古屋校 玉置 昌久 校舎長にお話を伺いました。

――

よろしくお願いいたします。まず、藤田保健衛生大学医学部医学科の推薦入試の制度について教えてください。

玉置:

藤田保健衛生大学医学部医学科の推薦入試は、今年度大幅な変更点がありました。1つ目は昨年度までは1浪生も出願が可能でしたが、今年度から現役生のみ出願可能と変更されたことです。2つ目は昨年度までなかった評定平均値の条件が新たに加わったことです。今年度から全体の評定平均値4.0以上かつ外国語・数学・理科の3教科も全て4.0以上という条件が新たに加わりました。3つ目は「大学課程履修者枠」が廃止となったため、「高等学校長推薦(公募制)」のみの募集となったことです。「高等学校長推薦(公募制)」は、従来から行われている一般的な推薦入試で、高等学校長が推薦する者でかつ合格した場合、入学を確約できる者(専願)が出願可能です。募集定員は昨年度まで約20名でしたが、今年度から約10名以内にこちらも変更となりました。昨年度までは1浪生まで受験可能で、かつ評定平均値の条件がなかったため、全国から多くの志願者が集まっていましたが、今年度はこれらの条件変更に伴い、大幅な受験者数の減少が予想されます。

――

私もそのように思います。私立大学医学部医学科の推薦入試で、評定4.0以上を課しているのは、岩手医科大学、埼玉医科大学(一般公募)、獨協医科大学(地域特別枠)、東京医科大学、東京女子医科大学、聖マリアンナ医科大学、帝京大学、金沢医科大学(指定校、指定地域推薦)、兵庫医科大学、関西医科大学、産業医科大学(※東京女子医科大学は4.1以上、産業医科大学は4.3以上)ですが、倍率はおおむね3~4倍ですね。

しかし、これはかなり大きな変化ですね。現役生のみで競争することになるのなら、早い段階から対策を始めるほうが良いのではないでしょうか。

玉置:

私もその通りだと思います。いま学校の成績が良くても、またテストで高い偏差値を取っているとしても、それがそのまま医学部合格に直結するものではありません。なぜなら学校の評定を取ることと医学部独自の入試問題に対応できるようになるということは全く異なる別物だからです。したがって医学部に現役で合格するためには、その両方を頑張らなくてはなりません。さらに藤田保健衛生大学の推薦入試のように人物評価の割合が高い大学では、教科の学習に加え、面接・小論文への対応も考えなくてはなりません。そのため出来るだけ早くから医学部を目指す学習環境で学んでいく事が合格に向けて一番大切な事だと思います。

――

ところで、今回の入試の大幅な変更は、藤田保健衛生大学が浪人よりも現役生を重視していることのあらわれのように思われますが、どのように思われますか。

玉置:

今回の変更点だけで藤田保健衛生大学が現役生を重視しているということは一概に言えないと思います。しかし今多くの大学で現役生志向の流れはあります。その理由の一つとして、今年度入学者から医学部のカリキュラムが新カリキュラムに移行することが挙げられます。(既に新カリキュラムになっている大学もあります)新カリキュラムでは今まで約1年から1年半であった臨床実習が約2年に義務付けられ、今まで以上に基礎医学や臨床医学を学ぶ期間が短くなります。そのため短い期間で今まで以上の勉強をするため、留年・退学者が増えるのではないかと言われています。浪人が長い生徒は「早く合格したい」という思いが強くなっているため、どうしても「医学部合格がゴール」になりがちで、それでは大学入学後の厳しい勉強についていくことができないと見る大学もあります。そのため少しでも若い受験生を取りたいという傾向が強くなってきているのではないかと考えています。

――

すこし、推薦から話が外れてしまいました、最後に、入試日程を教えてください。

玉置:

藤田保健衛生大学の平成29年度推薦入試は以下の日程で行われます。

  • 出願期間:平成28年11月1日(火)~11月9日(水)
  • :(適性)平成28年11月13日(日)
    (面接)平成28年11月20日(日)
  • 合格発表:(一次)平成28年11月16日(水)
    (最終)平成28年11月25日(金)

大学に確認した日程ですが、念のため、大学ホームページ等でご確認ください。

――

ありがとうございました、次回は藤田保健衛生大学推薦入試の試験内容と対策について伺います。

玉置 昌久
医学部受験富士学院 名古屋校校舎長
玉置 昌久
Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中