医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

【取材】藤田保健衛生大学 医学部医学科 推薦入試について②

Twitter Facebook Google+ LINE

平成29年度の医学部推薦入試は11月12日の岩手医科大学、獨協医科大学、金沢医科大学、川崎医科大学から始まり、12月7日の産業医科大学まで続きます。

推薦入試は出願資格として評定平均値や卒業年度の制限があることから、一般入試よりも倍率が低く、また、学力以外に人物評価や小論文などが重視されることから、現役生にとって医学部に入る大きなチャンスです。

しかし、その一方で、入試問題や配点が公表されない大学が多く、また、問題の傾向が各大学で相当異なっているため、対策が取りにくいという問題があります。

学力検査の問題が、高校の教科の枠を超えた範囲から出題されたり、小論文・面接試験が独特で、大学ごとの対策が必要であったりと、一般入試にはない難しさがあります。

藤田保健衛生大学医学部医学科の推薦入試について、富士学院 名古屋校 玉置 昌久 校舎長にお話を伺いました。

――

まず、藤田保健衛生大学の推薦入試の試験内容、それから試験当日のスケジュールについて教えてください。

玉置:

藤田保健衛生大学の推薦入試では、学習能力適性検査(英語・数学)と小論文、面接が行われます。昨年度まではこれら全てを1日で行っていましたが、今年度から学習能力適性検査(英語・数学)と小論文を1日で行い、その結果から1次合格者のみ、翌週の日曜日に面接試験を行う方式に変更されました。

――

学習能力適性検査という名前が付いていますが、英語・数学ということは、普通の学科試験でしょうか。であれば、難易度、試験時間などを教えてください。

玉置:

学習能力適性検査は、適性検査のようなものではなく、一般入試のような学科試験です。英語は例年大問2題構成で2題とも長文問題です。長文問題の中には語彙・文法問題も含まれています。今年度から試験時間が60分から90分に延長されるため、大問がもう1題追加される可能性があります。

昨年度までは受験した生徒へのヒアリングの中で、多くの生徒が「試験時間が足りない」と感じており、今年度も速読力と精読力が試される試験なると思われます。また毎年1題は医系の長文が出題されており、使われている単語のレベルも高く、思考力も要求されます。日々の勉強の中で単語を覚えるときに派生語も意識した覚え方をするなど勉強方法の工夫や論文の論理展開に慣れておく必要があります。

数学は昨年度から入試傾向が変わりました。以前は「数理的問題」という名称で出題されてきて、理科、特に物理的要素のある問題も含まれていましたが、昨年度から通常の数学の問題に変わっています。昨年度は大問3題構成で第1問が小問集合で8問出題されました。今年度は試験時間が80分から90分に延長されますが大きな影響はないものと考えています。受験生の中で特に差がつきやすいのは、第1問の小問集合です。小問集合は解答のみ記入する形式のため、部分点がありません。そのため最後までしっかりと計算を合わせる必要があります。今後の対策では、まず出題傾向をしっかり確認し、その上で難しい問題に手を出すよりも基本問題を確実に解答できるように日頃から心がけてください。

――

小論文試験はテーマ型、課題文型、国語試験などがありますが、藤田保健衛生大学の小論文試験はどのような内容でしょうか。

玉置:

小論文は昨年度試験時間を短縮したため、問題数が減少しました。今年度は試験時間が45分から50分に変更となりますが、大きな影響はないものと考えています。試験では課題文章を読み、3問の問いに答えるように出題がなされています。昨年度は自分の意見を書かせる問題に加え、文章の内容を図示させる問題、また知識が問われる問題が出題されています。実際に書く文字数は少ないため、何が問われているのかを明確に把握し、簡潔に書くことが求められます。内容を図示させる問題などは、日頃あまり慣れていない形式で出題される問題もあるため、必ず早めから練習して、試験に臨むようにして下さい。

――

面接は以前は1人10分程度の個人面接ですが、変更があったようです。

玉置:

今年度から面接にも大幅な変更点がありました。個人面接に加え、グループ面接が導入されます。グループ面接の具体的な詳細はまだ不明ですが、試験時間は約80分予定されています。また個人面接でも変更があります。昨年度までは受験生1名に対して面接官4人、面接時間は約10分でしたが、今年度から面接時間約8分の面接を8回(面接官を変えて)行います。なお現時点ではまだ公表されていませんが小論文と面接(調査書を含む)は点数化されており、英語・数学で200点、小論文・面接・調査書で200点の配点があります。推薦入試では一般入試に比べて、人物評価に重きをおいているため、英語・数学の点数ももちろん大事ですが、それと同じくらい小論文や面接も大事です。早めから全てにおいてしっかりとした準備や対策を取ることが重要です。

――

ありがとうございました。

玉置 昌久
医学部受験富士学院 名古屋校校舎長
玉置 昌久
Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中