加藤 八郎

福岡大学医学部医学科は、九州・四国地方では非常に人気が高い大学です。一次試験は博多の本学以外に、東京、名古屋、大阪で実施されているため、どの地域に住んでいる受験生にとっても受けやすい大学の一つと言えます。

しかし、問題は標準的で癖のない問題が多く、いわゆる私立大学特有のいやらしい問題が出題されない大学です。2017年度の一次試験は2月2日に実施され、東海大学と同一日程で実施されます。2016年度の倍率は一次試験倍率4.1:倍、最終倍率12.4:倍でした。

今回は、メルリックス学院福岡校絵実施される福岡大学医学部の一般入試数学の対策講座について、福岡校、加藤八郎先生にお話を伺いました。

――前回は、福岡大学医学部の数学入試についてお話を伺いました。今回は、福岡大学医学部を意識した直前期の数学の勉強について伺いたいと思います。よろしくお願いします。

加藤:よろしくお願いします。

――もう、入試まであまり日にちがない直前期になりましたが、今、数学に不安があるならどのような勉強をするべきでしょうか。

加藤:そうですね、その前に、数学の勉強方法についてお話しておこうと思います。まず、大切なのは同じ問題を繰り返してパターンを覚えることと、目標を数値で出しておくことです。

――なるほど、同じ問題を繰り返すというのは、あれもこれも手を出さないという事ですか。

加藤:そうですね。問題集はだいたい3回くらいやるといいと思います。3か月で全分野が終わるくらいのペースで1回目をやって。1回目は、わかる問題もわからない問題もあると思うのですが、すべてを理解しようとしないで、通しでやってみるのが大切だと思いますね。そして、どの程度分かったかを問題ごとにチェックを入れて分類していくんです。これはできた、これはできなかったというように。

そして、2回目は1回目に出来なかったものを中心にやっていく。そうすると1回目にやったときよりも早く終わりますし、弱点も補強できます。2回目は1回目より短い時間でできますし3回目はもっと短い時間でできます。

私たちも、こういうやり方で力を伸ばしてきましたよね。

――確かに、そうですね。パターンを覚えなければいけない時期に、問題を解き散らしてしまう人がいますが、そういう人は伸びなくなってしまうように思います。次に、数値目標というのはどういう事でしょうか

加藤:1日に解く問題の数を決めるという事です。例えば、1問10分とか20分と決めるんですよ。問題集の例題なら10分、過去問の大問なら20分くらいでしょうか。それで、1日に数学の勉強に充てる時間を決めれば、1か月でどれくらいの問題を解けるか決まります。

単にこの問題集をやる、この参考書をやる、ではなくて、数値化すればいつ終わるのかが分かりますし、目標が達成できたかどうか、見直しをすることもできます。

――なるほど、ありがとうございます。そうすると、今の段階で福岡大学の対策をしたいとすると、新しい事には手を出さないほうがいいと言えますね。

加藤:そうですね。新しいものをやるよりも、復習をしっかりしていくべきです。この前の記事に書いたような範囲を、問題集の例題でいいですから一通りやり直すことです。30日あれば、1日2時間を数学に充てるとして、1問に20分かけたとしても1日6問ですから6×30で180問できます。例題だったら1問10分として360問できますね。

――頻出範囲と苦手範囲をやるだけなら、十分な問題数ですね。

加藤:180問だとちょっと少ないですけどね。繰り返しますが、福岡大学医学部の数学はテーマ、難易度ともに標準的で、広い範囲から出題されます。ですから、苦手分野がないようにしっかりやってほしいと思います。

――ところで、メルリックス学院福岡校で行われる直前講習会に向けて、準備をするなら、どういう準備をしていったらよいでしょうか。

加藤:今の時期は仕上げの時期ですし、特別なことはしなくてもいいのですが、講習会を受ける前に過去の問題を一通り解いて、福岡大学の数学はどういうレベルの、どういう問題が出るのかを肌で感じておいてほしいと思います。 そのほうが、まったく知らない状態で来るよりも、講習会の内容が頭に入りやすいと思いますね。

――ありがとうございました