医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

大手予備校の強み

Twitter Facebook Google+ LINE

① 幅広く、充実したカリキュラム

大手予備校の強みは、とにかく充実したカリキュラムとテキストです。問題集や参考書を執筆している先生が多く所属している予備校では、質の高い、考え抜かれたカリキュラムが作り上げられています。

1問に10問分くらいの知識が入っている問題ばかりが並ぶテキストは、無駄がなく、その教科の基本的な知識があれば、短時間で実力をつけることができます。

② 大手予備校ならではの講師陣

大手予備校には、大学で教鞭をとるような講師、模試やテキストなどを作る能力のある講師、参考書を執筆する講師、だれよりもわかりやすく、面白く語ることのできる講師など、優秀な講師が多く在籍しています。

これらの講師は、短い時間で多くの知識を伝える力が優れています。ですから、彼らの授業を聞き、知識を整理して身に着けることができれば、相当高いレベルの力を身に着けることができるのです。

ただし、大手予備校では、授業は一方通行です。ですから、しっかりと授業の予習を行い、復習をきちんとすることと、自分の実力に見合った授業を選択することが肝心です。

③ 誰にも干渉されない伸び伸びとした空間

大手予備校は、基本的に「ほったらかし」です。チューター制度などを取っている予備校もありますが、学生に優秀なチューターを付けることができるほど、大手予備校に通っている学生の数は少なくありません。

ですが、そこに良さがあります。授業を受けてその復習や予習を伸び伸びとすることができるのです。自分を律する自制心があることが前提ですが、勉強の方法を試行錯誤し、自分なりの教材の組み合わせを試したい人には、大手予備校の環境は良いと言えるでしょう。

Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中