最新の入試情報を配信中『医学部・歯学部合格請負人のブログ』

模擬試験を受けてみて

DSC_0108「来年の今頃は医学部の学生として充実した学生生活を送っている」

医学部受験生の皆さんは、ここに向かって毎日の努力を続けていると思います。
医学部合格への道程に模擬試験は欠かせませんが、マーク模試、記述模試のいくつかは既に実施済みですので、医学部受験生の皆さんも何らかの模擬試験を受験されたと思います。

受験勉強において模擬試験は欠かせないものであることは確かですが、ただ受ければいいというものではありません。それぞれの模試の特徴を知って、模試を上手く使いこなすことが大切です。
その点について少し考えてみましょう。

まず、そもそも模擬試験とはどういうものかをもう一度、確認しておきましょう。

模擬試験とはどういうものか

模擬試験は大学の入試問題やセンター試験の問題、形式、時間等を入試前に経験すると同時に、その時点の自分の学力を知るためのものです。
そういうことですから、基本的に模擬試験は全ての大学受験生のために作られています。

ここが大切なポイントで、逆に言うと
「模擬試験は医学部受験生のためだけに作られたものではない」
ということです。

模擬試験は、全ての大学入試を前提に作られていますので、ちょっとやそっとでは解けない、いくつもの要素が絡んだ複雑な数学の問題が出題されることもあります。
こういった問題は、私立医学部入試では慶應義塾大学や東京慈恵会医科大学など一部の大学を除いては、あまり「出ない」ことが多いのです。
逆に、医療系テーマの英語長文など、私立医学部入試では「よく出る」問題が扱われないといったこともあります。

国立大学医学部の入試問題は、理系学部で同一問題であることも多く「医学部の入試問題の特徴」とは言い切れないことも少なくありません。
けれど、私立医学部では、医学部はほぼ独自問題になりますので、「医学部の入試問題の特徴」がはっきりしています。
しかし、普通の模擬試験は私立医学部入試のために作られてはいませんので、そのことを理解して受験して下さい。

模擬試験を上手く活用する

では、特に私立医学部受験生にとって模擬試験は意味の無いものでしょうか?

そんなことはありません。模擬試験には受けるべき十分な意味があります。

まず、「試験に慣れる」という意味があります。
試験を経験するということは、ミスなく解き切ることや時間配分を考えるなど、普段の勉強では補いにくいことを補うことができます。
場合によっては、知らない場所で知らない人達に囲まれて試験を受けることも、貴重な経験になります。

そして何より大切なことは、「模擬試験を通じて自分の現状を知る」ということです。
出来ること、出来ないことを知ることで「今、何をやるべきか」が見えてきます。
苦手科目と言っても、苦手科目のどこが足りないのかを考え、知ることで効果的な勉強が出来ます。

「英単語は、まずまずだが、熟語がしっかりしていれば、もっと点が取れる」
と分かれば熟語の強化に力を入れることが出来ます。

医学部合格のために「夏」までにやるべきことの第一歩は、「今、何をやるべきかを自分で知る」ことです。そのために上手く模擬試験を活用して下さい。

穴を無くして確実に点を取る

この時、気を付けてもらいたいことは「入試は合計点で合否が決まる」ということです。
私立医学部であればほとんどの場合、足切り点を設けている大学もありますが、4科目合計点をベースに合否が決まります。
数学が苦手だからと言って数学だけをやって本当にいいのかは十分に考えてください。
数学で10点伸ばすのと残り3科目で5点ずつ合計15点伸ばすことと、この時期はどちらを優先するのかを考えて下さい。

どの時期でも同じですが受験勉強は、バランスを考える必要があります。
特に「夏」までに意識してもらいたいことは「穴を無くす」ことです。
例え、得意科目であっても意外な穴があることは珍しいことではありません。
難しい問題を解けるようにする前の段階として、「夏」までにどの科目も穴を無くすことを意識してください。

医学部入試では他人が出来ない問題を解くこと以上に、落せない問題を確実に点にすることの方がより重要です。

最新の入試情報を配信中『医学部・歯学部合格請負人のブログ』