医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

私立大学医学部推薦入試について(出願要件)

Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部の推薦入試に出願するには、評定平均値、年齢(卒業年度)、出身高校または居住地域などの要件をクリアしなくてはなりません。また、近畿大学を除くすべての大学が他校との併願を認めておらず、合格した場合、入学しなくてはいけません。

評定平均値の基準は、多くの国公立大学で必要な4.3より低い4.0~3.7で、高校3年生(現役生)の場合、高校1年生から高校3年の一学期、または前期までの評定平均値で出願の可否が決まります。一方、浪人生の場合は高校3年生の学年末までの評定平均値で決まります。

年齢は、ほとんどの大学で1浪まで出願することができます。一部、現役しか認めない大学や、川崎医科大学のように4浪まで受験することができる大学もありますので、受験校の情報はしっかりと確認しておく必要があります。(※藤田保健衛生大学は平成29年度入試から、1浪生の受験を認めない)

評定平均値について

ここで、1つ注意しておいてほしいことがあります。それは、1浪まで出願することができる大学です。先ほど書いたように、浪人生の評定平均値は3年生の学年末までの数値です。

ですから、高校3年生の後半で手を抜いてしまうと、浪人した時に、現役生の時に受験できた推薦入試が受験できなくなる。あるいは、その逆に、高校3年生では受験できなかった推薦入試を、浪人生では受験できるということもあり得るのです。両方とも私が見たことのあるケースです。

推薦入試を受験するのか?評定平均値に余裕はあるのか、それともギリギリなのか。などをしっかりと見極めていく必要があります。

評定平均値の基準のない大学

ほとんどの大学で、評定平均の基準が設けられており、それを下回ると受験することができませんが、藤田保健衛生大学、近畿大学は、この評定平均の基準を設けていません。(※藤田保健衛生大学は平成29年度入試から、評定平均値4.0以上に変更)

そのため、受験生は非常に多いのですが、だれでも受けることができること、問題が一般入試に似ており、一般入試対策としても機能することなどから、半ば練習としても受験をおすすめできる大学です。

出身高校や地域に指定のある大学、ない大学

埼玉医科大学や獨協医科大学、聖マリアンナ医科大学のように、指定校からの推薦しか受け付けない大学や、岩手医科大学や川崎医科大学のように、出身地域が制限されている大学と、各大学の公募推薦のように、全国、どの地域からでも受験することができる大学があります。

少し気をつけなくてはいけないのが、各大学が推薦入試でどのような学生を募集したいと考えているかを把握しておくことです。これは、募集要項や、各大学の面接の過去問(当サイトの各大学の紹介ページに記載)を見ると、なんとなく見えてきます。

日本は医師不足で、特に地域の健康を守る医師の数が不足しています。私立大学は本来、地域医療の基幹を担う臨床医を育てることが目的ですので、中には、大学が所在する県や大学そのものに残ってくれる人を望む大学もあるのです。

たとえば、金沢医科大学のAO入試や、関西医科大学、久留米大学の地域枠などは、はっきりと募集要項に、将来、大学に残ってくれる人を求めています。こうした大学の面接で、将来、世界的に活躍できる名医に・・・。という話をしても、あまり良い結果にはならないでしょう。

むろん、成績や人物によってはそれでも合格することがありますし、あまり過敏に考えすぎるのも問題です。ただ、推薦入試は、大学がほしい生徒を取るのだ、ということを忘れないでおいてください。

2016年度私大医学部推薦入試出願要件(評定平均値と年齢)

  評定平均値学年・年齢
岩手医科大学推薦全体:4.0以上現役・1浪
地域枠特別推薦全体:4.3以上現役・1浪
埼玉医科大学一般公募推薦全体:4.0以上
数学・理科・外国語の平均値:4.0以上
現役・1浪
推薦指定校全体:3.8以上
数学・理科・外国語の平均値:3.8以上
現役
獨協医科大学推薦地域枠全体:4.0現役・1浪
推薦指定校 
東京医科大学推薦全体:4.0現役
茨城県地域枠特別推薦全体:4.0現役・1浪
山梨県地域枠特別推薦全体:4.0現役・1浪
聖マリアンナ
医科大学
推薦指定校全体:4.0
数学・理科・外国語:それぞれ4.0以上
現役・1浪
東京女子医科大学推薦全体:4.1以上現役
愛知医科大学公募制推薦全体:3.7以上
数学、理科、外国語:それぞれ3.7以上
現役
藤田保健衛生大学推薦なし現役・1浪
金沢医科大学公募制推薦全体:3.8以上現役・1浪
19歳以下
指定校推薦全体:4.0以上現役・1浪
19歳以下
AOなし25歳以下
近畿大学公募推薦なし現役・1浪
兵庫医科大学公募制推薦全体:4.0以上現役
関西医科大学推薦全体:4.0以上
国語・地歴・公民・数学・理科・外国語の平均:4.0以上
現役
川崎医科大学中国・四国地域特別枠なし4浪まで
22歳以下
岡山県地域特別枠なし4浪まで
22歳以下
福岡大学地域枠推薦全体:3.7以上現役・1浪
一般推薦全体:3.7以上現役・1浪
久留米大学一般推薦全体:3.8以上現役・1浪
地域枠推薦全体:3.8以上現役・1浪
産業医科大学推薦全体:4.3以上現役・1浪

2016年度私大医学部推薦入試出願要件(地域)

  地域
岩手医科大学推薦無し
地域枠特別推薦岩手県内の高等学校、中等教育学校を卒業または卒業見込みの者。
または本人または保護者等が3年前から岩手県内に在住している者
埼玉医科大学一般公募推薦なし
推薦指定校埼玉県内の指定校を卒業見込みの者
獨協医科大学推薦地域枠栃木、群馬、茨城、埼玉、福島県の各県内高校を卒業又は卒業見込みの者。
または、本人もしくは保護者が、平成25年4月1日から当該地域に在住している者。
推薦指定校 
東京医科大学推薦なし
茨城県地域枠特別推薦茨城県内の高校を卒業または卒業見込みの者。
または、保護者が茨城県内に1年以上居住している者。
山梨県地域枠特別推薦山梨県内の高校を卒業または卒業見込みの者。
または、保護者が山梨県内に居住している者
聖マリアンナ
医科大学
推薦指定校本学が指定する高校を卒業または卒業見込みの者
北里大学指定校推薦本学が指定する高校を卒業または卒業見込みの者
日本大学付属推薦本学の附属高校を卒業見込みの者
東京女子医科大学推薦なし
指定校推薦本学が指定する高校を卒業または卒業見込みの者
愛知医科大学公募制推薦なし
藤田保健衛生大学推薦なし
金沢医科大学公募制推薦なし
指定校推薦本学が指定する高校を卒業または卒業見込みの者。
または、富山県氷見市に在住し、高校を卒業または卒業見込みの者
AOなし
近畿大学公募推薦なし
兵庫医科大学公募制推薦なし
関西医科大学推薦卒業後、本学で初期研修を行い、専門研修以降において本学が指定する医師不足地域・診療科に勤務する医師となる意思のある者。
川崎医科大学中国・四国地域特別枠1.中国・四国地域で地域医療にかかわるものが推薦する者(保護者以外)
2.中国四国地域の住民であるか、中国・四国地域の高校出身の者
岡山県地域特別枠1.岡山県内で地域医療に係るものが推薦する者(保護者以外)
2.岡山県の住民であるか、あるいは岡山県内の高等学校出身の者
福岡大学地域枠推薦1.九州、沖縄、山口各県内に所在する高校の出身者
2.出願時において、本人または保護者が九州、沖縄、山口各県内に居住する者
一般推薦なし
久留米大学一般推薦なし
地域枠推薦本学を卒業後、福岡県および周辺地域の臨床研修病院において初期臨床研修を行い終了後、本学が指定する医療機関において4年間地域医療の発展に貢献する強い意志のある者
産業医科大学推薦全国を3ブロックに分け、各ブロックより10名ずつ採用
Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中