医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

2014年度入学試験の変更点

Twitter Facebook Google+ LINE

獨協医科大学

  1. AO栃木県地域枠入学試験が新たに実施される

    (変更前)
    入学
    定員
    AO入試 推薦入試
    (指定校制)
    公募推薦入試
    (地域特別枠)
    センター
    利用入試
    一般
    入試
    栃木県
    地域枠入試
    120名 10名以内 20名 10名 20名 50名 10名
    (変更後)
    入学
    定員
    AO入試 AO栃木県
    地域枠入試
    推薦入試
    (指定校制)
    公募推薦入試
    (地域特別枠)
    センター
    利用入試
    一般
    入試
    栃木県
    地域枠入試
    120名 7名以内 3名 20名 10名 20名 53名 7名
  2. AO一般入学試験の出願資格が一部変更になります

    (変更前)
    4年以上の大学在籍者(出願時の休学者(留学等による休学を除く)および医学部医学科在籍者を除く)

    (変更後)
    4年以上の大学に在籍し、2年次までの課程を修了している者(出願時の休学者(留学等による休学を除く)及び医学部医学科在籍者を除く)

自治医科大学

  1. 【一般】試験科目に理科IIの範囲および数学B・III・Cの範囲を追加する(得点は変更なし)

順天堂大学

  1. センター試験の配点が外国語200点から250点へ変更(センター試験利用の入学試験は全て変更となる。)

  2. センター試験地域枠において、新たに数学IAIIBIIICを課す、センター試験は二次試験として利用する

(変更前) センター利用・地域枠入学試験一般独自試験
英語I、英語II
リーディング、ライティング
物理I・II、化学I・II、生物I・II
(2科目を選択)
80分 120分
100点 100点
(変更後) センター利用・地域枠入学試験一般独自試験
英語I、英語II
リーディング、ライティング
物理I・II、化学I・II、生物I・II
(2科目を選択)
数学IA・IIB・IIIC
80分 120分 70分
200点 200点(各科目100点) 100点

北里大学

  1. 一般入学試験に相模原市修学資金枠1名を追加(合計人数は変化しない)
    (一般入学試験時に選択し、第二次試験日に通常の面接に加え本学部教員及び相模原市職員による相模原市の奨学金制度を受けるための面接が付加される。)

日本大学

  1. 英語の試験が全問記述式から全問マークシート方式へ変更となり、数学を除く理科・英語では全問マークシート方式が採用される

日本医科大学

  1. 初年度学納金を588万円から545万円へ減額(43万円の減額)、6年間の納入総額2813万円は2770万円となる

  2. 二次試験の日程が選択可能になった

帝京大学

  1. 学費の値下げが予定されている。2013年10月10日現在、1169万円の減額を予定している

東海大学

  1. 一般入学試験の募集人員60名から70名へ増加、編入学試験30名から20名へ減少

  2. 一般入学試験で実施されていた適性検査が実施されなくなった。

(変更前)
英語I、英語II 数学IA・IIB・III 物理I・II、化学I・II
生物I・II (1科目を選択)
適性検査
70分 70分 70分 60分
150点 100点 100点 50点
(変更後)
英語I、英語II 数学IA・IIB・III 物理I・II、化学I・II
生物I・II (1科目を選択)
70分 70分 70分
150点 100点 100点

愛知医科大学

  1. 推薦入学依頼校が無くなり、推薦入学試験は公募制のみとなった

(変更前)
推薦入学
(依頼校)
推薦入学
(公募)
一般入学 大学入試
センター試験
利用入学
学士編入学 愛知県地域
特別枠入学
約10名 約15名 約65名 約15名 若干名
(一般入学募集人員の内数)
5名
(変更後)
推薦入学
(公募制)
一般入学 大学入試
センター試験
利用入学
学士編入学 愛知県地域
特別枠入学
約25名 約65名 約15名 若干名
(一般入学募集人員の内数)
5名

藤田保健衛生大学

  1. 推薦入学試験における大学課程履修者が5名から若干名に変更となった
  2. 一般入学試験前期日程に広島会場が追加された

関西医科大学

  1. 一般入学試験前期会場に名古屋および福岡会場が追加された

  2. 後期試験が新しく実施される

(変更前)
推薦入学試験 一般入学試験 センター利用入学試験
10名 85名 15名
(変更後)
推薦入学試験 一般入学試験前期 一般入学試験後期 センター利用入学試験
10名 約80名 約7名 約15名

近畿大学

  1. 公募制推薦において、二次試験に小論文が課される

大阪医科大学

  1. 一般105名センター試験利用5名から一般100名センター試験利用10名(前期5名・後期5名)へ変更となった

(変更前)
一般入学試験
(前期)
一般入学試験
(後期)
一般入学試験
(センター利用)
90名 15名 5名
(変更後)
一般入学試験
(前期)
一般入学試験
(後期)
一般入学試験
(センター利用・前期)
一般入学試験
(センター利用・後期)
85名 15名 5名 5名

兵庫医科大学

  1. 公募制推薦入学試験において、現役生のみから1浪生まで受験可能となった。

  2. 公募制推薦入学試験において、現役生は評定平均4.0以上(前年度3.8以上)、1浪生は4.2以上となった。

  3. 公募制推薦入学試験において、学校長が推薦できる人数が3名から5名へ増えた

  4. 地域指定推薦入学試験において、1浪生の評定平均値が4.0以上から4.2以上となった

福岡大学

  1. センター試験利用入学試験を新たに実施する。

  2. 一般入学試験75名、推薦35名(一般25、地域枠10)から一般70名、センター利用10名、推薦30名(一般20、地域枠10)へ変更

  3. 一般入学試験の会場に名古屋会場を増設

(変更前)
推薦入学試験 (公募・地域枠合計) 一般入学試験
35名 約75名
(変更後)
推薦入学試験 (公募・地域枠合計) 一般入学試験 センター利用入学試験
30名 70名 10名

産業医科大学

  1. 小論文試験が60分から120分へと変更された。

  2. 小論文が得点化される。(50点)

2013年度・2014年度入試日程(一般入学試験一次試験)

2013年度

1/22 東邦大学 / 愛知医科大学
1/23 岩手医科大学 / 杏林大学 / 兵庫医科大学
1/24 金沢医科大学 / 順天堂大学
1/25 聖マリアンナ医科大学 / 昭和大学
1/26 川崎医科大学 / 北里大学 / 関西医科大学
1/27 藤田保健衛生大学 / 埼玉医科大学 / 近畿大学
1/28 自治医科大学 / 日本医科大学
1/29 自治医科大学
1/30  
1/31 東京女子医科大学
2/1 久留米大学 / 獨協医科大学
2/2 東海大学 / 東京医科大学
2/3 東海大学
2/4 帝京大学 / 福岡大学
2/5 帝京大学 / 東京慈恵会医科大学
2/6 帝京大学 / 東京慈恵会医科大学
2/7  
2/8 日本大学

2014年度

1/21 愛知医科大学
1/22 岩手医科大学 / 兵庫医科大学
1/23 金沢医科大学 / 順天堂大学
1/24 杏林大学
1/25 川崎医科大学 / 北里大学 / 関西医科大学
1/26 藤田保健衛生大学 / 埼玉医科大学 / 近畿大学
1/27 獨協医科大学
1/28 聖マリアンナ医科大学
1/29 東邦大学
1/30 東京女子医科大学
1/31 昭和大学
2/1 東京医科大学 / 久留米大学
2/2 東海大学
2/3 東海大学 / 日本医科大学 / 帝京大学 / 福岡大学
2/4 帝京大学
2/5 帝京大学 / 東京慈恵会医科大学
2/6  
2/7  
Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中