医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

愛知医科大学 化学 過去問解析

Twitter Facebook Google+ LINE

分析表

    2017 2016 2015 2014 2013
理論化学 物質の分離と精製          
化学結合と物質の性質          
結晶構造        
物質の三態          
化学量と化学式        
酸と塩基の反応          
酸化還元反応          
電池・電気分解          
熱化学        
気体の溶解度        
固体の溶解度          
気体の法則        
希薄溶液の性質          
コロイド溶液        
反応速度と化学平衡    
塩の加水分解、緩衝溶液          
溶解度積        
無機化学 原子の構造と元素の周期表          
非金属元素      
金属元素        
陽イオン・陰イオンの系統分析          
有機化学 脂肪族    
芳香族      
油脂        
     
ゴム          
合成高分子化合物      
アミノ酸とタンパク質      
構造決定問題      
DNA、RNA、ATP、医薬品          
有機化合物の系統分離          

分析

例年、大問4問で構成される。2科目で120分なので、大問1問あたり15分で解答する必要があった。2018年度から2科目で100分となるが、問題数が維持されるかはわからない。同程度の偏差値の大学の中では難易度が高い。1問が長く、1つのテーマに対して多角的に問われたり、公式の導出などが問われるなど、問題を解くことに慣れているだけではなく、高校化学の全体を理解できているかを問う総合問題が目立つ。

例えば、2017年度の問題Ⅰは、密閉された容器内でのエタノールの燃焼反応であるが、燃焼後に容器に水を加えて二酸化炭素を吸収させ、さらに水中での炭酸の電離平衡を考えさせる問題であったし、Ⅱはヨウ化水素の分解反応が平衡に達するまでの反応速度を考えさせた後、化学平衡に達した後も反応が起こっていることを放射性同位体を用いて調べる問題であった。

対策

標準的な問題集を繰り返して解き、問題に慣れるような勉強をしても高得点を取ることはできない。まず、各分野の有名公式の導出やその意味を理解することである。例えば、濃度平衡定数の質量作用の法則を化学反応速度式から導けるか。素反応の化学反応速度式を導出できるか。といった、公式の暗記とその応用ではない本質的な理解を伴う学習である。

次に、過去問演習により出題の傾向をつかみ、そのうえでやや難しい総合問題にも手を出しておきたい。

有機化学では、合成高分子、アミノ酸とタンパク質などがよく出題される。構造決定は芳香族エステルやジエステルのような炭素数の多い問題にも当たって慣れておきたい。

また、ここ数年は出題されていないが、以前は金属イオンの沈殿に関する問題など、金属塩の沈殿に関する問題がよく出題された。今後、出題されないとは限らないので対策しておきたい。

Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中