医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

獨協医科大学 小論文 過去問解析

Twitter Facebook Google+ LINE

過去三年間の出題内容

2017年 1日目
伊藤亜紗『目の見えない人は世界をどう見ているのか』
問1:本文を200字以内で要約する。
問2:本文の内容について、自分の考えを600字以内で述べる。
2日目
西内啓
『統計学が最強の学問である―データ社会を生き抜くための武器と教養』
問1:本文を200字以内で要約する。
問2:本文の内容について、自分の考えを600字以内で述べる。
2016年 1日目
加賀乙彦『不幸な国の幸福論』
問1:本文を200字以内で要約する。
問2:本文の内容について、自分の考えを600字以内で述べる。
2日目
日向野幹也
『大学教育アントレプレナーシップ 新時代のリーダーシップの涵養』
問1:本文を200字以内で要約する。
問2:本文の内容について、自分の考えを600字以内で述べる。
2015年 1日目
緒方貞子『私の仕事』
問1:本文を200字以内で要約する。
問2:筆者の主張について、自分の考えを600字以内で述べる。
2日目
T・R・リード『理想の医療保険制度はどの国にある?』
問1:本文を200字以内で要約する。
問2:本文の内容について、自分の意見を600字以内で述べる。

分析

課題文型での出題である。出題形式は例年、問1で200字以内の要約を行ったうえで、問2で特定の論点、もしくは全体内容を踏まえて、自分の意見を600字以内で論じる形式である。課題文は約2500字~3500字前後の文章量としては多めのものが出題され、テーマも多岐にわたっている。医療分野だけでなく、現代社会の中で問題となっている事柄なども出題されている。

論旨を素早く的確につかむと力と要約した内容を踏まえて、自分の意見をわかりやすく説得力をもたせて述べる力が求められている。ここで求められている力はいずれも医師に必要な力である。前者は、患者が訴える諸症状や患者から得た情報の中から診断のカギとなるものをつかみ、的確な診断を行う際に必要な力であり、後者は患者に状態や治療方針を伝える際に必要な力である。

出題されている課題文の傾向から、獨協医科大学が目指している患者とその家族だけでなく医療スタッフからも信頼される医師、ひとりの人間として患者を見つめ、共感できる医師になれる素養の有無を見ていると言えるだろう。

対策

まずは、文章を早く正確に読む力を養成することが必要である。問1については、問題提起や話題を提示している文、結論・主張を述べている文を捉えることを意識して文章を読むようにする。キーワード・キーセンテンスを正確に捉え、因果関係、対比関係、具体例、引用等に注意して、文章の中心内容を理解する。要約は単に重要な文をつなげただけのものではない。筆者は要するに何を言いたいのかを必ず考えてまとめる練習を行おう。

自分の意見をまとめる問2では、筆者の主張の裏づけとなる具体例や引用文などを押さえたうえで、自分はどう考えるかを述べる必要がある。筆者とは異なる視点から述べるのが望ましいが、同意する場合でも自分なりの根拠をしっかりと提示することがポイントとなる。日頃から様々な物事を多面的に考える習慣をつけ、常識を疑うことを習慣化することで、課題発見力を鍛えよう。

また、医療分野からの出題もあるので、基本的な医療用語はその意味を理解して覚えるとともに、その用語にまつわる事柄について自分はどう考えるか、問題点は何かなどを考えるようにする。たとえば、「チーム医療」について調べたなら、チーム医療を行ううえで生じうる問題点や、患者にとってのメリットなどについて考えてみるのである。

Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中