医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

国際医療福祉大学 英語 過去問解析

Twitter Facebook Google+ LINE

分析表

大問種別 解答方式 問題内容 2017 2016 2015
英作文 記号選択式 語句整序作文    
英作文 記述式 自由英作文      
英作文 記述式 和文英訳      
会話文 記号選択式 空所補充問題      
会話文 記号選択式 内容一致文選択      
会話文 記号選択式 下線部解釈      
会話文 記述式 空所補充問題      
読解 記号選択式 言い換え問題    
読解 記号選択式 下線部解釈    
読解 記号選択式 空所補充問題    
読解 記号選択式 主題選択問題      
読解 記号選択式 段落整序問題      
読解 記号選択式 内容一致文選択    
読解 記号選択式 内容真偽問題(T/F)      
読解 記号選択式 文整序問題    
読解 記号選択式 文補充問題    
読解 記号選択式 用法判別問題      
読解 記述式 言い換え問題      
読解 記述式 下線部和訳      
読解 記述式 空所補充問題      
読解 記述式 内容説明      
文法・語法・語彙 記号選択式 言い換え問題      
文法・語法・語彙 記号選択式 空所補充問題    
文法・語法・語彙 記号選択式 正誤判別問題      
文法・語法・語彙 記号選択式 適文選択問題      
文法・語法・語彙 記号選択式 発音・アクセント      
文法・語法・語彙 記述式 言い換え問題      
文法・語法・語彙 記述式 空所補充問題      
文法・語法・語彙 記述式 正誤判別問題      

傾向

80分で大問は5問。すべてマークシート式。第1問は短文空所補充問題。第2問は語句整序作文。第3問から第5問は長文読解総合問題。長文読解総合問題では、文補充問題、段落補充問題、言い換え問題、内容一致文選択問題、文整序問題、下線部解釈問題、空所補充問題が出題されている。2017年度は「北カリフォルニアのセコイアの森」「記憶の仕組みに関する研究」「DNAから読み取るヒトの進化」といったテーマの英文が出題された。

対策

設問そのものはいずれも標準~やや難しい問題で、形式としてもオーソドックスなものばかりである。試験時間に比べて問題の分量が多いため、迷わず次々に、かつ正確に読み解く力が求められる。出題されている英文は医療系とは限らず、生物学・生態学など自然科学系のテーマを中心に多岐にわたっている。設問では文補充問題や段落補充問題、文整序問題といった「つながり」を問うものが多く出題されており、1文単位ではなく文章としてのまとまりや、文と文・段落と段落のつながりを意識して読む練習をする必要がある。空所補充問題や語句整序作文は標準的な問題が大半を占めるため、速やかに、かつ確実に得点したい。

攻略ワンポイント

▼前半の文法問題で時間を無駄遣いしないように即断即決しながら解答する必要がある。そのためには「正確さ」が大切で、特に語句整序作文は10問もあるため、そこで時間をロスしないように日ごろから文法・語法・語彙に関する正しい知識を蓄積しておこう。

▼本学の語句整序作文には必ず何らかの文法・語法に関するポイントが含まれている。また、1問の中で複数のポイントが含まれていることがあるため、日本文を参考にしながら選択肢を少しずつつげていくこと。語句整序作文ではまず、動詞及び準動詞を中心に語法に注意しながら組み立て、次に名詞の役割と形容詞の役割を考えるのが鉄則である。

〈例題〉次の日本文の意味に合うように与えられた語句を並べ替えよ。

私は不慣れな仕事を同僚に手伝ってもらった。
I got (  ) (  ) (  ) (  ) (  ) (  ) (  ) (  ) (  ) with.

① my colleagues② I③ to④ familiar⑤ the task⑥ help⑦ me⑧ with⑨ wasn't

(2017年度国際医療福祉大学医学部第2問より)

〈解答〉①③⑥⑦⑧⑤②⑨④(I got my colleagues to help me with the task I wan’t familiar with.)
〈解説〉getを用いて「Oに~してもらう」とするには〈get + O + to do〉のかたちをつかう。よって、(got) my colleagues to helpとなる。〈help A with B=AのBを手伝う〉なので、help me with the taskとつながる。また、〈be familiar with~=~に精通している〉なので、「不慣れな」はI wan’t familiar (with)となり、the taskとIの間に関係代名詞that(又はwhich)が省略されていると考えてthe task I wan’t familiar (with)と最後に並べる。文末がwithで終わっていてその目的語が欠けていることから目的格の関係代名詞が省略されていると考えるのがポイント。

参考

▼過去問題

▼語句整序作文対策

Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中