医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

自治医科大学 物理 過去問解析

Twitter Facebook Google+ LINE

分析表

分 野 2017 2016 2015 2014 2013
力学 運動の式・相対運動・慣性力  
力の性質・つりあい式・運動方程式  
力のモーメントと重心
仕事と力学的エネルギー  
力積と運動量・衝突の問題  
円運動・単振動  
万有引力と天体の運動      
波動 波の性質・波動を表す式    
定常波・気柱の共鳴・弦の固有振動  
音波の性質・ドップラー効果  
光の性質・レンズ・凹面鏡・凸面鏡  
光学干渉の問題  
固体・液体の熱と温度の関係    
気体分子運動論    
状態方程式・熱力学第一法則
電磁気 クーロンの法則・電場・電位  
コンデンサーを含む問題    
キルヒホッフの法則・電気回路
電流と磁場の関係・電磁力    
ローレンツ力・サイクロトロン        
誘導起電力と電磁誘導法則    
交流起電力と交流回路    
原子 放射線・水素原子モデル・核反応      
光電効果・コンプトン効果      
物質波・ブラッグ反射・X線の発生        

傾向

過去5年間をみると、大設問はなく、ほとんどが独立した小問の羅列であり、小問数は25問である。さらにすべて解答を選択肢から選ぶマーク式である。出題分野ほぼまんべんなく全範囲にわたっている。解答時間は理科2科目で80分。均等配分で40分の解答時間である。したがって、小問1問あたりの解答時間は96秒すなわち1分36秒である。難易度はどの小問も平易であるから、試験時間が短くともすべての問に答えられるだろう。その上で25問中23問くらいの正答率が欲しいような内容である。
分野ごとの出題数を年度ごとに表にまとめておいた。

力学 波動 電磁気 原 子
2017 7 3 4 5 6
2016 7 8 2 6 2
2015 10 6 2 7 0
2014 9 7 3 6 0
2013 9 7 3 6 0

分野別にみていこう。

①力学は、基本的に全範囲からの出題である。内容は他大学の小問集合の性質を持っていて、難易度は平易である。むしろ初学者のための教材として役に立つような趣を持つ。ただ、ながめるだけでは答えが正確に得られないので計算は必要であるが、悩むような問はない。

②電磁気の分野でも力学同様の傾向である。出題の性格上、凝った問題は出せないので、基本知識を持っていれば解ける問題である。

③波動では、グラフの読み取りも含めて教科書レベルである。それも進んだ取り扱いはない。比較的知識問題が多いが平易である。

④電磁気でも教科書の説明をそのまま問に変えて出題したような問題が多く、すべて解ける問題である。

⑤原子物理は、2016年から出題が始まった。これらは知っているか知らないかで勝負がつく。準備不足であると思わぬ失点をくらうことになる。内容は教科書の例題程度である。

すなわち、基本事項を問の形にしただけで、出題者の本音は満点を取って欲しいのだろうと思う。逆に言うと、これで8割以下は高校物理の学習に手抜かりがあったと言うことになる。

対策

本学の入試物理での合格点は92点程度と推測する。つまり、2問までは落とせても、3問、4問落としたら1次試験は突破できないと言うことである。解答スピードが要求されるが、いわゆる瞬殺の知識問題や定性的問題もあり、答えにたどり着くためにはやや時間がかかる問題については、瞬殺問題で浮いた時間を当てればよいので、止まらない限りすべての問題を解けるはずである。したがって、対策は一にも二にも、基本練習に限るのである。一番よいのは古本屋探しでもして、本学の過去問を20年分くらいやっておけばよいだろう。難易度はセンター試験よりも易しいので、センター試験の過去問演習もよいだろう。

本学の入試物理の性格は頭の働きを止めることなくひたすら続ける我慢強さの測定にも感じる。一言で言うと面白さのない問題であっても油断することなく、解き続けなければならないのは、医師としての適性検査を兼ねているのかもしれない。医師にはミスは許されないのである。そのように考えると。このような出題も合点がいく。あくまでも100%の正確さでひたすら仕事をこなす。そのためにはたとえ徹夜明けだろうが、解くべきことは解く。難しいことはさておいて、必要なことは完璧にこなすという姿勢を問うているのだと思う。したがって、よりいっそうの学習を望むならば、東邦大学医学部の入試問題を時間内に100点を取るまでくり返すというのも良いだろう。また、本学の準備勉強は他大学受験のための基礎トレーニングにもなり得るのである。

Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中