医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

北里大学 化学 過去問解析

Twitter Facebook Google+ LINE

分析表

    2017 2016 2015 2014 2013
理論化学 物質の分離と精製          
化学結合と物質の性質        
結晶構造        
物質の三態          
化学量と化学式        
酸と塩基の反応          
酸化還元反応      
電池・電気分解        
熱化学        
気体の溶解度        
固体の溶解度          
気体の法則    
希薄溶液の性質          
コロイド溶液          
反応速度と化学平衡    
塩の加水分解、緩衝溶液        
溶解度積        
無機化学 原子の構造と元素の周期表      
非金属元素    
金属元素    
陽イオン・陰イオンの系統分析      
有機化学 脂肪族    
芳香族    
脂質(油脂を含む)        
       
ゴム          
合成高分子化合物          
アミノ酸とタンパク質        
構造決定問題      
DNA、RNA、ATP、医薬品          
有機化合物の系統分離          

分析

例年、大問5問で構成される。うち1問は小問8問からなる小問集合で、残り4問は大問構成である。大問は設問が4~5問で構成されており、文章も短く、比較的手が付けやすい。

小問集合以外の大問4問のうち1問は有機化合物の構造に関わる問題、残り3問は理論化学と無機化学に関する問題である。設問数は25問程度で一定している。

理科2科目で100分なので、設問1つあたり約2分と比較的時間に余裕がある。

入試の標準問題で構成されており、重箱の隅をつつくような知識問題も、受験生が見慣れないような反応や現象も出題されない。標準的な問題集を演習してきた人ならどこかで見たことのあるような問題ばかりである。一方、出題範囲に偏りがなく、全範囲からまんべんなく出題される。努力がそのまま反映されるような出題といえるだろう。

対策

基本~標準的な問題から構成され、合格点はかなり高いと考えられる。ここ2年は希薄溶液の性質や緩衝溶液の性質が出題されていないが、2014年度には凝固点降下が、2013年度には緩衝溶液の問題が出題されている。

苦手分野ややり残した分野があると合格はおぼつかないだろう。教科書や図説をしっかりと読み、標準的な問題集を数冊、穴がなくなるまで演習しておきたい。

高得点争いが予想されるが、このような入試では試験会場でどのように時間を配分するかが合否の分かれ道になる。北里大学の場合、小問集合でのミスは許されない。また、できるだけ手早く終わらせて、大問にかける時間を稼ぎたい。大問は、得意なものを先に片づけて、自分にとって時間のかかりそうな問題にかけられる時間を稼ぎ出すことが合格へのポイントである。過去問演習を通じてこの感覚を養っておくこと。

Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中