医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

北里大学 小論文 過去問解析

Twitter Facebook Google+ LINE

過去三年間の出題内容

2017年 1日目
大杉義征『新薬アクテムラの誕生』
問1:20字以内でタイトルをつける。
問2:傍線部について嬉しくなった理由を、400字以内で述べる。
問3:文章で述べられていることを、自分の人生でどのように生かしてゆけばよいと考えるか、実際の体験を挙げて800字以内で述べる。
2日目
桐野高明『医療の選択』
問1:30字以内でタイトルをつける。
問2:筆者が考える「医療の限界」とはどういうものか、200字以内で述べる。
問3:超高齢社会を迎えた日本の今後の介護の在り方について、自分の考えを800字以内で述べる。
2016年 1日目
吉岡俊正『医療人を育てる』(矢崎義雄編『医の未来』所収)
問1:20字以内でタイトルをつける。
問2:筆者が医療を行ううえで「チーム」を必要とする理由を、300字以内で述べる。
問3:医療教育の目標として考えられることを、「コミュニケーション力」・「説明力」の2語を使って具体例とともに600字以内で述べる。
2日目 比企寿美子『がんを病む人、癒す人』
問1:20字以内でタイトルをつける。
問2:筆者が懸念している医師養成教育の問題点について、200字以内で述べる。
問3:本文の主旨をふまえて、自分が「医」を志した理由を600字以内で述べる。
2015年 1日目
桐野高明『医療の選択』
問1:20字以内でタイトルをつける。
問2:保険制度を基盤とする国々が、北欧諸国やイギリスの医療制度と近い理由を、200字以内で述べる。
問3:二つの未来像を考慮し、日本が目指すべき医療制度について、自分の考えを600字以内で述べる。
2日目
稲盛和夫 梅原猛『近代文明はなぜ限界なのか』
問1:20字以内でタイトルをつける。
問2:著者らが懸念を示している近代日本人の問題点について、200字以内で述べる。
問3:本文の主旨をふまえて、自分が考える理想的な日本人の将来像を600字以内で述べる。 末期の脳腫瘍で余命宣告を受けたアメリカ人の女性が医師に処方された薬により自身の死を決めることを公表・実行し議論を呼んだ。 日本ではこのような安楽死は認められていないが、尊厳死は認められつつある。安楽死と尊厳死について、自分の考えを600字以内で述べる。

分析

課題文型での出題である。課題文は1200字~2000字と幅がありやや多めで、記述の総字数が1000字前後になるので、時間配分に注意する必要がある。年々解答字数が増えているため、総字数1500字程度までを目安に時間配分を考えたほうがよいだろう。

2017年の2日目と2015年の1日目はともに、桐野高明『医療の選択』からの引用であった。引用部分が異なるとはいえ、過去三年の間に同一作品から引用されることは珍しい。2016年の吉岡俊正『医療人を育てる』が収められている『医の未来』は、他の作品を他大学でも出題しているので、今後も注意が必要だろう。

3問の小問構成と、課題文にタイトルをつけるもの、内容理解を問うもの、最後に自分の考えを述べるものの3問が出題される形式は、2016年・2017年の聖マリアンナ医科大学と共通している。

問1は、キーワードを素早く的確に見抜き、要約する力が求められている。これは、医師が、患者の発する様々な情報の中から重要なものを抽出し、分析する際に必要となる力である。問2は読解問題と捉えてよい。理由の説明、筆者の見解・主旨を踏まえ具体例を含めて論じる問いが出題されている。問3は、本文内容を踏まえての論述問題である。自分はどう考えるかが問われ、医師としての適性が見られていると言えるだろう。自己の見聞や体験を根拠として述べる力が求められている。

対策

設問を解くにあたっては、まず早く正確に文章を読む力を養成することが必要である。同時に設問文の条件をしっかり押さえることも重要である。問3が小論文らしい設問となっているが、設問文に明確な指定があるので、これらに沿わない内容をいくら論じても、採点対象にすらならない。論じるべき点がはっきりと提示されている場合な、この点を決して外さないようにしよう。問1・問2の対策は、現代文の読解問題を用いて要旨を捉える練習や読み取りの練習を行うとよい。問3については、しっかりとした構成メモの作成を行い、意見提示・展開・結論という流れを意識し、構成を組立ててから文章を書く練習を行う。2017年は800字の指定があったので、600~800字の範囲の設定で、構成メモをもとに文章を作り上げる練習をしておく。

近年の出題傾向から、北里大学医学部が掲げる理念である「人間性豊かで、優れた医師の養成」や「プロフェッショナルなチーム医療をリードする医師を育てる」という目的に適した人材を求めていることを念頭に置いて対策をする。チーム医療に携わる医師として、自分はどうありたいか、何が求められているかなどについて明確な考えを築くとともに、単なる主観にとどまらず、根拠を明確にした論理展開で説得力を持たせた文章を書く練習をしておくことが必要である。日頃から他者理解という視点を意識して会話をしたり、他者理解や共感力をテーマとした文章を読んだりすることも有益である。

Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中