医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

久留米大学医学部 一般入試 英語

Twitter Facebook Google+ LINE

問題形式について

大問数7で試験時間は90分。ここ数年、出題形式に大きなない。整序作文や記述式の問題で大幅に時間を取られないように注したい。

 大問1大問2大問3大問4大問5大問6大問7
2013年度読解問題語句整序問題英文和訳・和文英訳会話文(応答文)誤文訂正問題文法・語彙発音
2014年度読解問題語句整序問題英文和訳・和文英訳会話文(応答文)誤文訂正問題文法・語彙発音
2015年度読解問題語句整序問題英文和訳・和文英訳空所補充誤文訂正問題文法・語彙発音

大問1は空所補充問題と内容一致問題から構成される読解問題。空所補充問題は選択肢に語彙レベルの高い単語が使われることがある。その意味でも普段の学習から語彙力の増強に力を入れてしていきたい。過去に出題されたテーマは「麻痺が治るかもしれない」「デジタルボイス」「ゲームのもつ機能」など。私立医学部向けの勉強をしていれば十分に得点できる内容。

大問2は長文中での語句整序問題。日本語訳は与えられていないので注意。文章の内容を踏まえて、対比や言い換えを利用しながら英文を作るようこころがけよう。しっかりと練習しておかないと予想以上に時間を取られてしまう設問なのでしっかりと準備をしていこう。整序作文専門の対策書や同じような形式の問題を出す他大学の過去問で十分に練習していきたい。

大問3は英文和訳・和文英訳の問題。短い文章(100語~150語程度)の一部に下線がかれる形式で出題される。この問題もやはり時間を決めて解き慣れておかないと本番で大きく時間をロスしてしまう可能があるので制限時間を決めて練習しておきたい。書き上げた答案は先生に添削をしてもらうにしよう。

大問4は発言に対して適切な応答を選ぶ問題。YesやNoの使い方、発言者の発した疑問詞の内容に対して適切に応答しているかどうかを考えるとよい。

大問5は誤り箇所を指摘する問題。基本的な英文法を一通り学習していれば正答を出せる。この大問5では失点を最小にとどめたい。

大問6は文法・語彙の問題。文法問題よりも語彙や成句表現が聞かれることが多い。この意味でも語彙の増強を意識して普段の学習に取り組みたい。

大問7は発音問題。標準的なレベルの問題が多い。発音のルールを学習した上で発音に頻出の単語を覚えて行けば高得点が期待できる問題。

記事提供 横浜予備校

Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中