医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

埼玉医科大学 生物 過去問解析

Twitter Facebook Google+ LINE

分析表

分野 2017 2016 2015
生命現象と物質 生体物質と細胞
生物の体内環境の維持
呼吸
光合成
窒素同化
遺伝情報とその発現
バイオテクノロジー
生殖と発生 有性生殖と染色体の分配
動物の配偶子形成と受精
動物の初期発生と形態形成
植物の配偶子形成と器官の分化
生物の環境応答 刺激の受容と反応
動物の反応と行動
植物の環境応答
生態と環境 生物群集
生態系の物質生産
生態系と生物多様性
生物の進化と系統 生物の起源と生物の変遷
生物の進化とそのしくみ
生物の系統

傾向

小問数は次のとおりである。

2017 2016 2015
小問数 28 37 38
解答平均時間 1分47秒 1分21秒 1分19秒

過去3年間をみると出題数は小問で28~38問である。試験時間は理科2科目で100分。

出題分野は分析表にあるように、全般に「生命現象と物質」からの出題が多いものの、年度によって「生殖と発生」、「生物の環境応答」に比重が置かれるなど、バランスの取れた出題傾向にある。「生物の体内環境の維持」、「遺伝情報とその発現」は毎年出題されている。

2017年は植物ホルモンのはたらき、花芽形、イトヨのかぎ刺激による本能行動、アメフラシの鋭敏化のしくみ、光合成、腎臓のはたらきなど、2016年は呼吸、プラスミド、遺伝子の組み換え実験、アフリカツメガエルの核移植実験など、2015年は目の構造とはたらき、細胞周期とDNAなどについてそれぞれ出題された。

難易度は、標準~やや難である。

対策

①刺激の受容と反応、動物の反応と行動については、興奮の伝導、伝達とアメフラシの鋭敏化、慣れの対策は必須である。ニューロンとの融合問題を設定できるため、類題演習を抜かりなく行っておこう。古典的な問いである体内時計、かぎ刺激による本能行動、ミツバチの餌場を知らせる8の字ダンスにも習熟しておきたい。

②発生は幅広い知識が求められるため、実験系と合わせて対策を講じておこう。

③光合成はカルビン・ベンソン回路のRUBP、PGAの物質の流れを把握することはもとより、光合成量の計算、光合成色素のRf値についてなど特徴ある分野の対策が必要である。

④細胞内のシグナル伝達といった医学で重要視されている分野の対策も必要である。

⑤後半の知識問題で得点することが必要。

Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中