医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

東邦大学 生物 過去問解析

Twitter Facebook Google+ LINE

分析表

分野 2017 2016 2015
生命現象と物質 生体物質と細胞
生物の体内環境の維持
呼吸
光合成
窒素同化
遺伝情報とその発現
バイオテクノロジー
生殖と発生 有性生殖と染色体の分配
動物の配偶子形成と受精
動物の初期発生と形態形成
植物の配偶子形成と器官の分化
生物の環境応答 刺激の受容と反応
動物の反応と行動
植物の環境応答
生態と環境 生物群集
生態系の物質生産
生態系と生物多様性
生物の進化と系統 生物の起源と生物の変遷
生物の進化とそのしくみ
生物の系統

傾向

小問数は次のとおりである。

2017 2016 2015
小問数 27 30 38
解答平均時間 2分13秒 2分00秒 1分35秒

過去3年間をみると出題数は小問で27~38問あり、年度によってばらつきがある。

試験時間は理科2科目で120分。2015年のように38問という問題数の多い年もある。

出題分野は分析表にあるように、「生物の体内環境の維持」、「呼吸」、「遺伝情報とその発現」、「刺激の受容と反応」は頻出である。

2017年は、バイオーム、ニューロンと心臓、バイオテクノロジー、発酵の問題。2016年は、細胞分裂と染色体の構造、クレアチニンの計算問題、エネルギー代謝、地質年代と生物の変遷について。2015年は、細胞の構造、イモリの発生、伴性遺伝、ハーディ・ワインブルグの法則、ラクトースオペロン、バイオームと物質生産がそれぞれ出題された。

難易度は、標準~やや難である。

対策

①生物の体内環境の維持は、ホルモン、肝臓、腎臓のそれぞれのはたらきの基本を押さえておこう。腎臓の濃縮率、尿計算の問題にも慣れておく必要がある。

②酵素のはたらきは全般を問われるため、競争的阻害、非競争的阻害、アロステリック酵素の理解は必須である。

③生態と環境では、バイオームと生態系の物質生産、物質循環が中心になるので、バイオームについては樹種を必ず覚えておくこと。地理分野の関連事項も学習しておこう。

④刺激の受容と反応は、活動電位の発生、伝導・伝達のしくみを細部にわたって理解しておこう。いくつかの入試問題にあたっておけば、対応できる。

Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中