医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

浜松医科大学 生物 過去問解析

Twitter Facebook Google+ LINE

分析表

分野 2017 2016 2015
生命現象と物質 生体物質と細胞
生物の体内環境の維持
呼吸
光合成
窒素同化
遺伝情報とその発現
バイオテクノロジー
生殖と発生 有性生殖と染色体の分配
動物の配偶子形成と受精
動物の初期発生と形態形成
植物の配偶子形成と器官の分化
生物の環境応答 刺激の受容と反応
動物の反応と行動
植物の環境応答
生態と環境 生物群集
生態系の物質生産
生態系と生物多様性
生物の進化と系統 生物の起源と生物の変遷
生物の進化とそのしくみ
生物の系統

傾向

小問数は次のとおりである。

2017 2016 2015
小問数 19 21 19
解答平均時間 3分09秒 2分51秒 3分09秒

過去3年間をみると出題数は小問で19~21題である。試験時間は理科2科目で120分。

出題分野は分析表にあるように、「生体物質と細胞」、「遺伝情報とその発現」、「刺激の受容と反応」は、毎年出題されている。基本用語から考察問題まで問われる。

2017年は酵素のはたらき、被子植物の光周性、短日植物、長日植物について、植物のファイトマーに関する描図問題。神経誘導に関する実験考察、真核生物の遺伝子発現、キメラマウスについて。2016年は光受容をキーワードに眼の構造と光発芽種子の融合問題、遺伝子発現、個体群の相互作用、腎臓と尿崩症がそれぞれ問われた。2015年は細胞の構造、共生説、DNAの複製、個体群の密度効果、アメフラシの学習についての設問があった。

難易度は、標準~やや難である。

対策

①細胞のはたらきについては、教科書で細胞小器官について正確に理解しておこう。ミトコンドリアと葉緑体については、共生説とともに理解して暗記することが必要である。基礎固めを確実に行おう。

②刺激の受容と動物の行動は頻出なので、慣れと脱慣れしくみ、シナプスでの神経伝達物質の増減、そこでかかわるイオンについて正確に覚えておく必要がある。

③発生は実験系が主体であるが、比較的取り組みやすい設問内容なので、類題で習熟すれば大半の設問は解ける。ただ、ノックアウトマウス、キメラマウスを扱った考察型の論述問題も見られる。合わせてES細胞やiPS細胞についても正確に理解しておこう。

Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中