医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

青チャート チャート式基礎からの数学I/A/I+A/II/B/II+B/III

Twitter Facebook Google+ LINE
出版社
数研出版
種類
参考書・問題集・教科書調
著者
チャート式編集部
難易度
教科書練習問題~入試発展問題

書評

網羅性が非常に高く、この本に載っているすべての解法が理解できていれば、どの大学を受験しても困ることはない。(無論、過去問演習は必要。)

基本~標準的な問題で重要なものを全て網羅しているため、この本の基本例題・重要例題・演習例題の解法を全て身に付けることができれば、相当の実力となるだろう。実際、中堅の国立大学医学部や私立大学医学部であれば、重要例題・演習例題まで完璧にできていれば合格点を取る事ができる。そこまで完成したら、過去問を解きながら、練習問題や余裕があればEXERCISEを解くと良い。総合演習は必要ない。

上位の国立大学医学部や私立大学医学部でも、よほど難関校でなければEXERCISEまでで十分で、総合演習は手を出してもよいが、頭の体操だと考えよう。

この参考書の使用上の注意点としては、この問題集はすでに教科書レベルの解法から入試に必要なテクニックまでが身についていることを前提として作られているため、問題には模範解答と簡単な注意点だけしかついておらず、ポイントなどもあっさりとしか書かれていない。したがって、あまり数学が得意でない人が解法をこの本だけで覚えるのは難しいこと。また、網羅性を求めすぎて基本から応用までのあらゆる問題が入っているため、早い時期から取り組まないと他の問題集と組み合わせて使用するのが難しいこと。

数学の基本が十分でないにもかかわらずこの本を手にしなくてはいけない場合は、学校・塾・家庭教師など、質問できる相手を確保しておく必要がある。

基本例題は教科書の練習問題レベルから入試の基本問題、重要例題は入試の基本問題+αEXERCISESは入試標準問題、総合演習は入試発展問題レベルで相当難しい。

基本例題は「基礎問題精講」「高校これでわかる問題集数学」、重要例題は河合出版の「プラチカ」、東京出版の「一対一対応の数学」、旺文社の「標準問題精講」、EXERCISESや総合演習は河合出版の「やさしい理系数学」、数研出版の「入試問題集の後半部分」、東京出版の「新スタンダート演習」「新演習」などが相当する。

Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中