医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

数学I・A/II・B/III 標準問題精講

Twitter Facebook Google+ LINE
出版社
旺文社
種類
問題集・教科書調
著者
I・A:麻生雅久、II・B:亀田隆、III:木村光一
難易度
入試標準問題、応用問題一部、基本問題一部

書評

教科書事項を一通り終え、練習も十分積めた人が、本格的な過去問演習の足掛かりとしてやる本。この本の手法が一通り身に付けば、一通り過去問を解くことができるようになる。、難関国立大学医学部や難関私立大学医学部を受験するのには少し物足りないが、入試の基本~標準問題を網羅している問題集、例題と練習問題が1対1で組み合わさっており、問題の解き方は「精講」で詳しく解説され、「ポイント」で解法の手順が簡潔に示されている。この問題集にたどり着くまでにしっかりとした基本が作られていれば、この「精講」や「ポイント」を読めば十分に理解することができるだろう。内容も、たまに難しい問題が入ってはいるものの、全体として難しすぎず、標準的な問題が並ぶ。

同類の他の問題集としては、「1対1対応の数学」などがあげられるが、レベルは「1対1対応」の方が一回り高い。

難関大学を受験する人にとって、この問題集は通過点に過ぎない、この問題の後に「文系数学良問のプラチカIAIIB」「理系数学の良問プラチカIII」「やさしい理系数学」、「大学への数学新スタンダート演習」などで本番レベルのがっちりした問題を解いた後、過去問へ進む。なので、この本は3年生の夏休み前くらいには終わっている必要がある。(少なくとも数学IAIIB)

Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中