医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

大学への数学マスターオブ整数

Twitter Facebook Google+ LINE
出版社
東京出版
種類
参考書・教科書調
著者
栗田哲也・福田邦彦
難易度
教科書章末問題~入試発展問題

書評

大学への数学の分野別重点シリーズの整数編。基本的な問題から始まって東大・京大でも出るのか?というハイレベルな問題まで掲載している。第一章・第二章をマスターすれば大学受験で必要な手法は全て網羅できる。それほど難易度の高い大学を目指すわけでなければ、第三章・第四章は割愛してもよいだろう。

第一章:16のテーマ、約80問から成っており、手法はここで網羅できる。
第二章:公式ややり方のまとめで、普通の大学を受験するならここまででよい。
第三章:東大・京大などの過去問が並ぶ。
第四章:学力コンテストなどの過去問から18問、難問ばかりが並ぶ。

この本に限らず、大学への数学の分野別問題集や特別増刊号をやってみると思わされるのだが、基本的な問題から始まるということと、知識が少なくても理解できるということは決して同じではない。整数が苦手なので対策をしたいと思って本書を書店やAMAZONで購入した人のほとんどは3ページくらいやってそのままになっているのではないだろうか。

整数が本当に苦手で0からやり直したい、と言う人は「佐々木隆宏の整数問題が面白いほどとける本」にした方がいいだろう。

この本は数学が好きで他の教科に余裕のある人か、リテラシーの高い人(この本が1か月かからずに終わってしまう人もいる。)、家庭教師や個別指導塾の指導をこの本で受けることができる人、あるいは東大・京大のようにハイレベルな整数問題が出題される難関大学を受験する人で高得点を狙う人以外は手を出さない方が無難だろう。

東大・京大の入試問題に対しても「佐々木隆宏の整数問題が面白いほどとける本」でそれなりに対応することは出来るし、マスターできていれば、たとえ完答できなかったとしても部分点はもらえる程度の実力はあるはず。

目次

  • 第一章:問題篇,解答篇(基礎的な問題)
  • 第二章:公式・イメージ・手筋まとめ
  • 第三章:大学入試演習
  • 第四章:興味深い問題の演習
Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中