医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

名古屋市立大学医学部 入学試験情報

Twitter Facebook Google+ LINE

名古屋市立大学  自治体奨学金 推薦 前期

大学紹介

医師としての能力をバランス良く伸ばす学習成果基盤型教育を実践

医学部の起源は1943年に設置された名古屋市立女子高等医学専門学校であり、その後2回の改組を経て1950年に現在の名古屋市立大学医学部となった。学部の理念と目的として「人間味にあふれ、深い医学知識と技術を備えた医師を養成する」「人類の未来に貢献する医学研究を行い、その成果を社会に還元する」「名古屋都市圏の中核的医療機関として、地域住民の健康と福祉を増進する」の3点を挙げている。

カリキュラムは学習成果基盤型教育(Outcome-Based Education)を採用している。学生が卒業時点において身につけているべき能力を「科学者としての医師」「臨床家としての医師」「社会における医師」「プロフェッショナルとしての医師」の4領域に分けて詳細に設定し、各学年で4領域を巡回しつつ、到達目標に向かって段階的に能力を向上させていく6年一貫スパイラル方式を実施している。

名古屋市立大学

出願方法

出願方法 願書提出
資料請求先 テレメール、モバっちょ、電話請求、窓口請求、郵便請求

2019年度入試募集人数

前期日程推薦入試
推薦B地域枠推薦
70207

募集人数についての注意

推薦入試Bの合格者が募集人数に達さなかった場合、一般入試(前期日程)で補充する。

自治体奨学金

推薦入試(地域枠)

愛知県地域医療確保修学資金1年生  :月額17万5千円
2年生以降:月額15万円(小児科・産婦人科を志望する6年生には月額5万円以内を加算)
返還免除要件卒業後、初期臨床研修2年と後期研修2年を含む9年間、愛知県知事の指定する医療機関において医師として従事した場合
また、愛知県が地域枠医師に望む診療科は、内科系、外科系、救急科、麻酔科、小児科、産婦人科、総合診療科である。

2019年度入試二段階選抜(センター試験)情報

前期日程一般入試において二段階選抜を実施する。センター試験の成績が375点/500点以上の者を合格とする。
推薦入試(推薦B)センター試験の得点が800/1000点以上の者を対象として募集人員の3倍で実施
推薦入試(地域枠)センター試験の得点が800/1000点以上の者を対象として募集人員の6倍で実施

2019年度出願期間

区分 出願期間 試験日 合格発表日 入学手続き日
前期日程 1月28日~2月6日 2月25日・26日 【第一段階選抜】
2月14日
通知書発送 【最終合格】
3月7日
10:00
3月14日、15日
16:00まで
推薦入試 推薦B 1月21日~25日 2月10日 2月13日
10:00
2月19日
16:00まで
地域枠

試験内容

区分センター試験個別試験
前期日程英・数・理・国・社 500点英・数・理・面 700点
推薦入試推薦B英・数・理・国・社 1000点面、推薦書、調査書、志願理由書
地域枠推薦
センター試験【社会】
世界史A、世界史B、日本史A、日本史B、地理A、地理B、現代社会、倫理、政治経済、倫理政経のいずれか1科目
【理科】
物理、化学、生物、地学から2科目

2018年度入試合格者得点率・倍率

合格者平均点センター試験二次試験合計倍率
前期日程 442.10 / 500非公表 991.85 / 1200 8.3倍
推薦入試推薦B非公表非公表非公表 2.9倍
地域枠推薦

入学者内訳

現役既卒
2018 -- 68 29
2017 --62 35
2016--69 28

名古屋市立大学 大学情報

TEL
052-853-8077
住所
〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
URL
http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/
 
Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中