医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

【取材】久留米大学 医学部医学科 推薦入試について①

Twitter Facebook Google+ LINE

平成29年度の医学部推薦入試は11月12日の岩手医科大学、獨協医科大学、金沢医科大学、川崎医科大学から始まり、12月7日の産業医科大学まで続きます。

推薦入試は出願資格として評定平均値や卒業年度の制限があることから、一般入試よりも倍率が低く、また、学力以外に人物評価や小論文などが重視されることから、現役生にとって医学部に入る大きなチャンスです。

しかし、その一方で、入試問題や配点が公表されない大学が多く、また、問題の傾向が各大学で相当異なっているため、対策が取りにくいという問題があります。

学力検査の問題が、高校の教科の枠を超えた範囲から出題されたり、小論文・面接試験が独特で、大学ごとの対策が必要であったりと、一般入試にはない難しさがあります。

久留米大学医学部の推薦入試について、富士学院 福岡校 伊藤 和弘 校舎長にお話を伺いました。

――

よろしくお願いいたします。まず、久留米大学医学部医学科の推薦入試について教えてください。

伊藤:

はい。まず、久留米大学医学部医学科の推薦入試は2つの募集枠があります。

1つ目は、「地域枠推薦」。久留米大学を卒業後、福岡県および周辺地域の臨床研修病院(久留米大学病院を含む)において臨床研修(2年)を行い、臨床研修終了後、本学が指定する医療機関(久留米大学病院を含む)において4年間地域医療の発展に貢献する強い意志がある事が出願条件です。定員は約15名となります。

2つ目は、「一般推薦」。平成27年度入試から導入された募集枠で、「地域枠推薦」のような卒後条件がありません。定員は約10名となります。

いずれも、公募制であり、高等学校長が推薦する現役生又は1浪生の専願者で、全体の評定平均値が3.8以上となっています。

出願については、「一般推薦」・「地域枠推薦」の併願も可能な点が久留米大学の特徴です。ただし、合格はどちらか一方のみとなります。

――

地域枠推薦というと、出身地域の制限があるのでしょうか。

伊藤:

いえ、「一般推薦」・「地域枠推薦」ともに全国からの出願が可能です。

――

入試日程は。

伊藤:

平成29年度入試は次のような日程になっています。

  • 出願期間:平成28年11月1日(火)~11月9日(水)
  • :平成28年11月19日(土)
  • 合格発表:平成28年12月1日(木)通知

試験会場は、久留米大学医学部がある旭町キャンパス(久留米市旭町)となります。

――

倍率についてですが、2年目となる一般推薦は平成27年度の12.6倍から平成28年度は8.9倍へと下がっており、地域枠推薦は平成28年度が5.5倍と平成27年度の6.4倍からみると1ポイントほど下がりました。倍率ダウンは受験生にはうれしいことですが、今年はどのようになると予想されますか。

伊藤:

確かに、平成28年度は地域枠推薦・一般推薦共に平成27年度より倍率が下がっています。

まず、一般推薦ですが志願者を見ると、平成27年度は88名、平成28年度は90名です。倍率ダウンの理由は、募集定員が平成27年度は約5名、平成28年度は約10名と倍増しているからで、募集定員が変わらなければ、倍率は上がったことになります。一般推薦は出願における地域指定や、卒後条件がない推薦入試です。平成29年度入試は導入されて3年目となり、今まで以上に全国の受験生に浸透してくるでしょうから、志願者増は十分に考えられます。

また、地域枠推薦ですが、平成27年度は新課程入試1年目ということもあり、次年度以降の出題範囲が気になる年でしたから、早く決着をつけたい受験生が出願可能な推薦入試から受験する流れがあったこと、そして、併願が可能な一般推薦が新規導入された年であることから、地域枠推薦も合わせて出願する受験生が広がった年と思われます。その影響もあり、平成27年度は前年度より倍率が1.2ポイント上がりました。その平成27年度の6.4倍よりよりは、平成28年度の5.5倍は確かに下がってはいますが、平成26年度の5.2倍と比べると上がっているのが現状です。

いずれにしても、歴史と伝統がある久留米大学医学部医学科です。何としても久留米大学の合格を勝ち取りたいとの思いが強い受験生も多くいます。出願条件を有する受験生にとって推薦入試は、一般入試に比べると合格の可能性が高まる訳ですから、今後も推薦入試は一定の倍率を維持していくと思いますし、受験者も増えていく可能性も十分あると思います。

――

ありがとうございます。次回は、久留米大学医学部医学科推薦入試の学科試験、小論文、面接試験について伺いたいと思います。よろしくお願いいたします。

【取材協力】:医学部受験 富士学院

【PR】:医学部受験 富士学院福岡校では10月30日(日)、11月6日(日)に久留米大学 推薦入試対策講座福岡大学 推薦入試対策講座を行います。

伊藤 和弘
医学部受験富士学院 福岡校校舎長
伊藤 和弘
Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中