医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

【取材】川崎医科大学医学部医学科一般入試について①

Twitter Facebook Google+ LINE
――よろしくお願いいたします。まず、川崎医科大学医学部医学科の一般入試の日程と会場について教えてください。

木村: はい、こちらこそよろしくお願い致します。

まず、川崎医科大学医学部医学科の2017年度の一般入試日程は以下の通りです。

出願期間 2016年12月5日(月)~2017年1月13日(金)
一次試験日 2017年1月22日(日)9:00~  8:30迄に1階玄関前に集合
一次試験合格発表日 2017年1月24日(火)17:00

一般入試での募集人員は70名(静岡県地域枠・長崎県地域枠各5名含む)ですが、附属高校からの内部進学者が30名に満たない場合、不足人数分が一般入試の定員に充当されます。

2017年度の一次試験日は、昨年度と同じく近畿大学、埼玉医科大学との3大学の重複日程となっています。試験会場は本学(倉敷市松島)のみというのも大きな特徴です。

なお、出願に関しては、郵送の場合は締切日必着ですので注意してください。窓口に持参することも可能ですが受付時間(平日は16:00まで)に注意してください。

――二次試験の日程ですが、2日のうちから1日を大学が指定するようです。

木村: 二次試験日は、2017年1月27日(金)・28日(土)のうち大学が指定する日となっていますが、概ね願書受付期間の前半に出願すれば1日目、後半に出願すれば2日目が二次試験日になる可能性が高いと入試担当者から伺っています。中盤に出願するとどちらになるかわからない場合がありますので、27日を希望する人は出願受付開始日に合わせて出願、28日を希望する人は締切日近くに出願する準備をしておきたいところです。

2017年度の受験日程では、この両日は以下のように試験が実施されますので、全体の受験計画の中で、一次試験や二次試験との重複がないよう、また移動に無理のないように出願時期を判断してください。

1月27日(金) 岩手医科大学二次試験(選択)
順天堂大学二次試験一日目(選択)
帝京大学一次試験一日目
昭和大学一次試験
1月28日(土) 岩手医科大学二次試験(選択)
順天堂大学二次試験二日目(選択)
帝京大学一次試験二日目
獨協医科大学一次試験
関西医科大学一次試験
――2016年度は2015年度と比較して志願者数、倍率ともに減少しましたが、2010年度からのトレンドを見ると、志願者数は増加する傾向にあるようです。2017年度入試ではどのようになるとお考えでしょうか。

木村: 2010年度入試では、志願者1156名、倍率14.9倍でした。医学部、医師という職業が注目を浴びるにつれ、川崎医科大学志願者も1300名台~1600名台で推移をしてきました。

近年の志願者数・志願倍率は、

2014年度:1612名/23.1倍(3大学重複)
2015年度:1698名/21.6倍(4大学重複)
2016年度:1564名/18.8倍(3大学重複)と、

私立医学部・医科大学の中では決して志願者数は多い方ではありませんが、この3年間は高い水準で推移しています。新課程入試となった2016年度入試では志願者数を少し減らしてはいますが、ここしばらく重複日程の下でも志願者数を維持していることや、地域枠定員の増員(静岡県地域枠5名⇒10名、長崎県地域枠5名⇒6名:※認可申請中)なども一因となり、2017年度入試でも前年度並みの志願者が集まるのではないでしょうか。

――川崎医科大学は岡山にあり、東京、大阪、福岡などほかの大学が入試を行う地域と離れています。この点について注意するべきでしょうか。

木村: 2016年度、川崎医科大学と同一試験日の三大学の志願者は、

埼玉医科大学 2,679(43.6%) 近畿大学 1,902(30.9%) 川崎医科大学 1,564(25.5%)

で、同日の志願者の約4分の1が倉敷に集まっていることになります。埼玉医科大学は東京、近畿大学は全国7つの会場で試験を実施、川崎医科大学は試験会場が岡山だけであることを考えると決して低い数字とは言えません。

そんな中、川崎医科大学を志願する生徒は立地面重視と日程面重視の2つのタイプに分かれると思います。

まず、川崎医科大学は中四国で唯一の私立医科大学ということもあり、在学生には中四国出身者が多く見られます。また、保護者が川崎医科大学の卒業生という受験生も多く、そういう面では、地元とその近隣地域では特別推薦入試を含め「本命」としての志願者が多いように思われます。

一方で、受験期間をトータルで見た時、受験生にとっては序盤戦のうちに勝負を決めておきたい大学の一つになっているとも思われます。試験2日後には一次合格発表があるので、手応えを感じとりながら、本命の大学受験に向けて弾みをつけたいと思っている志願者も存在すると思われます。

関東方面からの受験生にはやや遠い印象があるかもしれませんが、大阪から岡山は新幹線で45分程度です。前後の大学を大阪会場で受験すれば移動の負担は少し軽減されるでしょう。

――ありがとうございました

【取材協力】:医学部受験 富士学院

【PR】 : 医学部受験 富士学院岡山校では医学部を目指す中学生・高校生・高卒生を対象に個人指導を随時実施しています。

個人指導 PC版 : http://www.fujigakuin.jp/course/individual/
個人指導 スマホ版 : http://www.fujigakuin.jp/sp/course/individual/

木村
医学部受験富士学院 岡山校校舎長
木村 俊彦
Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中