医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

理系数学入試の核心 標準編

Twitter Facebook Google+ LINE
出版社
Z-KAI
種類
問題集・教科書調
著者
Z会出版編集部
難易度
入試基本問題~入試標準問題+α

書評

「1対1対応の数学」や「標準問題精講」などをマスターした後で練習問題として使える問題集。その年に出題された問題の中から、標準的なレベルで、かつ、演習効果の高いものが選ばれている。問題数が150問程度と絞られており、同じようなレベルの問題が並んでいるため、数研の入試問題集などより使いやすい。

ただし、問題数が少ないということは、網羅性にやや欠けるという事でもある。この本を手できるほど勉強をしてきた人なら、ここまでに終わらせた本が多くあるはずだ、この本はあくまでも入試問題を解く練習の本と位置づけ、不安な単元はしっかりと復習しよう。

問題のレベルは「理系/文系数学の良問プラチカ」と同等、発展事項への解説はなく、他の多くの入試問題集と同様に、解説は問題の解き方の解説でしかない。

解説から一般論に導くようなことはないから、この本で解法を覚えるという事は期待しない方がいいだろう。ただし、すべての問題にPOINTがついており、解説を理解する手助けになってくれるし、今までの知識と結びつける役割をしてくれる。

これらの事から、この本は、一通り解法を網羅した後で、最近の入試問題の出題傾向をつかみつつ、答案作成能力を高めるために使うとよい。

Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中