医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学校の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

名古屋大学医学部 面接・過去問

Twitter Facebook Google+ LINE

名古屋大学 推薦入試 面接試験過去問

形式 時間 面接官
個人面接 20分 3名
英文問題 20分 3名
プレゼンテーション 40分 3名

①個人面接 過去問

2018年度 2017年度 2016年度
【個人面接】
・SSHについて
・どのような研究者になりたいか
・どのような研究をしたいか
・高校の友人はどんな人か
・部活動について
・留学はどこに行きたいか
・医療系のニュースについて興味のあるもの
・推薦書の問題について
【個人面接】
・なぜ研究医になりたいのか
・これまでに研究をしたことはあるか
・名古屋大学を志望した理由
・名古屋大学の一番の魅力は何か
・部活動について
・今まで失敗したこと
【個人面接】
・名古屋大学を志望した理由
・研究医としてやっていく自信はあるか
・研究したい病気について、現在治療法はあるか
・細胞外治療を知っているか
・名古屋大学があなたを合格させた方が良いという根拠はあるか
・研究室体験について
・高校生活について
【英文問題】
日本の研究予算削減に関する英文を黙読(15分)
・和訳
・下線部の理由
・研究の国際競争に負けないために日本ができること
【英文問題】
テロに参加する人の出身などに関する英文を黙読(15分)
・和訳
・テロ対策として科学ができる事は何か
・中流階級でテロに参加する人がいるのはなぜか
【英文問題】
2015年にノーベル賞を受賞した中国の科学者に関する英文(Nature)を黙読(15分)
・和訳
・関連する質問(内容不明)
【注意点】
・英文問題について、2015年度は「“HAL(ロボット)“Japan Times,JULY 13,2014」であった。文章の長さ等の参考までに。

②プレゼンテーション 過去問

2018年度 2017年度 2016年度
テーマ①
日本の移植医療発展のためにできる事
テーマ②
iPS細胞の応用されている分野を1つ挙げ、現状と越えられない壁について
テーマ③
遺伝子治療を1つ挙げ、現象と障壁について述べる
テーマ①
ノーベル賞を受賞したオートファジーについて
テーマ②
AIは医療分野でどのように活躍するか
テーマ③
健康寿命と実寿命の差を埋めるためにできること
テーマ①
100年前のノーベル賞受賞者の言葉について
テーマ②
超高齢化社会の課題と対策
テーマ③
タバコの煙、スギ花粉などの環境因子と病気について
【テーマ②に関する質問】
・超高齢化社会で研究者は何ができるか
・戦後1950年~1980年に人口が増加したのはなぜか
・少子化の原因はなぜか
・少子化の対策は何か
・現在医療費が増加しているがどうすればよいか
・認知症患者に研究者として何ができるか
【注意点】
①テーマを1つ選びプレゼンテーションを行う、ホワイトボードを用いてもよい
②準備20分、発表10分、質疑応答10分

名古屋大学 前期日程 面接試験過去問

形式 時間 面接官
個人面接 5分 2名

個人面接 過去問

2018年度 2017年度 2016年度
・名古屋大学を志望した理由
・医師を志望した理由
・どの診療科に進みたいか
・高校時代の部活動について
・趣味について
・最近読んだ本とその内容
・GTECとはどのような試験か
・医師を目指す前に考えていた将来の夢は何か
・コミュニケーション能力とは何だと思うか
・大学に入ったら何をしたいか
・出身地について
・どのような医師になりたいか、研究に興味はあるか
・高校時代の行事や活動で印象に残っている者は何か
・大学にとってあなたを取ることはどのような意味を持つか
・名古屋大学を志望した理由
・医師を志望した理由
・好きな教科
・生物のどういうところが好きか
・生物で行った実験
・部活動は何をしていたか、どのようなことを学んだか
・自分の長所と、長所が生かされた具体的な出来事
・コミュニケーションを取るのは得意か
・留学して学んだことはなにか
・面接シートに書いたことについて
・将来の進路について
・医学の発展にどのように貢献したいか
・入学後にしたいことは何か
・臨床と研究のどちらをやりたいか
・研究するには体力が必要だが、自信はあるか
・自分が研究したいと思っている分野とは別に興味のある分野はあるか
・現在の世間での医師に対する批判的ニュースについてどうしたら改善されるか
・患者に病気の宣告をするときに最も大切なことは何か
・名古屋大学を志望した理由
・医師を志望する理由
・好きな教科
・留学したことはあるか、将来したいと思うか
・大学で勉強以外にやりたいことは何か
・研究と臨床のどちらをやりたいか
・どのような医学を学びたいか
・語学以外で医師に必要なことは何か
・医療はチームでやることが多いが、そのためには何が必要だと思うか
・チームで協力して何かをやったことはあるか
・友人と接するときに気を付けていることはあるか
・出身高校について
・高校生活で最も印象に残っていること
・SSHの研修について、具体的に何をしたのか
・部活動について
・部活動での自分の役割
・浪人生活について
・研究をしたいと思うか
・趣味について
・自分の長所と短所
【注意点】
・志望理由書や面接シートから問われることもあるので、質問されてもよいようにしっかりと書く
・質問内容は決まっていないようで、会話をしながら内容が変わっていく。
・定型的な答えはあまり高く評価されない。普段から自分なりの考え方を持っておくことが大切
Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中