医学部受験を決めたら私立・国公立大学に入ろう!ドットコム

国立大学42校、公立大学8校、私立大学30校、防衛医科大学の医学部受験の入試データと攻略のための戦術、予備校講師による医学部受験の勉強法アドバイス、
医学部合格体験記、海外大学医学部入試情報など、医学部合格に必要なすべての情報を掲載

兵庫医科大学 一般入試 英語

Twitter Facebook Google+ LINE

問題形式について

試験時間90分。記述式の問題の量が非常に多い。記述式の問題は普段から書き慣れていないと試験時間内に解き終わらないのでしっかりと対策をしておきたい。

 大問1大問2大問3
2015年度読解読解読解
2014年度読解読解読解
2014年度読解読解読解

過去に出題された英文のテーマは「適切な学習環境」「抗生物質の話」「発行物質の実験」「ジョギングは健康によいのか」など、医療・健康・科学に関する話題が多い。英文のレベルは医学部の中ではやや易~標準的な英文が多い。

整序作文は毎年出題されているので、整序作文専用の問題集(英語整序問題精選600 (河合塾シリーズ)など)をしっかりと学習してから試験に挑みたい。2015年度、2014年度は長文中での整序作文(日本語なし)が2013年度は純粋な日本語有の整除作文の問題が出題されている。特に長文中の整序作文の場合は主語と動詞の決定に注意を払うのはもちろんのこと、空所の後ろがヒントになることも多いので時間のロスを減らすためにも過去問で練習しておきたい。

文法・語彙の空所補充問題も毎年10問出題されている。やや解きにくい問題も含まれているが、標準的な文法・熟語の問題集を終わらせたうえで学習している長文中に出てきた表現などはこまめにノートに書きだしてストックしていくと良い。

また、下線部和訳の問題の出題数が多いのも特徴。基本的な文構造を解析する力と語彙力があれば答案を作れる問題が多い。頭の中で何となく意味が分かっても実際に自分の手で必ず日本語訳を紙に書きだすこと。これをすることにより、どこが分かっていて分かっていないのかが分析できる。また、可能であるならば、先生から添削を受けるようにしたい。

最後に、毎年本格的な英作文が出題されている点にも注意。この問題は本格的な準備をしないと点にならない問題。まずは、基本的な例文集(パターンで覚える英作文頻出文例360 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)など)で英文を暗唱し、基本的なパターンを覚えたら兵庫医科大学の過去問や国公立大学の英作文の問題を必ず先生に添削してもらうようにしよう。

記事提供 横浜予備校

Twitter Facebook Google+ LINE

私立大学医学部 入学試験情報

国公立大学医学部 入学試験情報

海外大学医学部 入学試験情報

全国 医学部予備校

小・中・高校を探す(中学生以下向け)

準備中

塾を探す(中学生以下向け)

準備中